『仕事は楽しいかね』

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


甲子園の交流試合が始まって、少しばかり夏休み感が出てきましたが、やはりトーナメントで優勝を決める大会でないと緊張感がありませんね。


本当に記念試合という感じです。

こんな大会を開催するくらいなら無観客で良いから普通に甲子園大会を開催したら良いのにって思いますけどね。青春を奪われた記憶は一生残るでしょう。


さて、標題の書籍を読み終えました。





内容としては、空港で足止めを食らった35歳のサラリーマンが、70歳くらいのおじいさんから仕事や人生に関する色々な教えを受けるというもの。


教えとしては2つ。


1つは、目標なんていらないということ。

2つ目は、興味が湧くことや楽しいことに毎日取り組み続ければいずれ成功するということ。


ビジネスで成功した人がとかく言われがちなのが「あの人は運が良かったから成功した」などという言葉です。


この言葉をある程度肯定しながらも強く否定しているのがこの書籍です。


成功している人は常に仕事や生活の中に問題意識を持ち、解決策を常に考えていて、そのうちの一個が当たったということが多いです。


UNIQLOの社長の書籍のタイトルのように「1勝9敗」でもビジネスの世界ではかなり成功率が高い方です。


10個の新規ビジネスを立ち上げ、そのうち1つでも当たれば十分稼げます。


そういう事実を知らない人たちが成功者に対して「あの人はたまたま〜というものを思いついた」などと言うのは現実を知らないから言えることです。


マジックテープやポストイットが発明された経緯などを説明しつつ、日々の絶え間ない取り組みが功を奏するということが説明されています。


1つ目の教えの、目標はいらないというのは個人的にはあまり同意できません。目標があってこそ頑張れるという部分もかなりあるので。

最新記事

すべて表示

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経

持続化給付金第2弾

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金の第2弾が始まりそうですね。 月次支援金では、2020年になってから法人化した場合に物凄く不利な取り扱いを受けていましたが、今回はどうなるのやら。 顧問先さんから何件か問い合わせがありましたが、そもそもまだ何も決まっていないので答えようが無く、、、 今回も事前確認はあるようですので、商工会議所に依頼

10万円給付

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 18歳以下の子供に対して1人当たり10万円給付がほぼ決定したようです。 ただし、所得制限有りとのこと。 子どものいない我が家には全く関係ない話で、最初から興味も無かったのですが、けっこう疑問だらけの給付金ですよね。 まず18歳は大人という扱いに変わっているので、子ども救済の趣旨であれば17歳以下にする必要があり