『仕事は楽しいかね』

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


甲子園の交流試合が始まって、少しばかり夏休み感が出てきましたが、やはりトーナメントで優勝を決める大会でないと緊張感がありませんね。


本当に記念試合という感じです。

こんな大会を開催するくらいなら無観客で良いから普通に甲子園大会を開催したら良いのにって思いますけどね。青春を奪われた記憶は一生残るでしょう。


さて、標題の書籍を読み終えました。





内容としては、空港で足止めを食らった35歳のサラリーマンが、70歳くらいのおじいさんから仕事や人生に関する色々な教えを受けるというもの。


教えとしては2つ。


1つは、目標なんていらないということ。

2つ目は、興味が湧くことや楽しいことに毎日取り組み続ければいずれ成功するということ。


ビジネスで成功した人がとかく言われがちなのが「あの人は運が良かったから成功した」などという言葉です。


この言葉をある程度肯定しながらも強く否定しているのがこの書籍です。


成功している人は常に仕事や生活の中に問題意識を持ち、解決策を常に考えていて、そのうちの一個が当たったということが多いです。


UNIQLOの社長の書籍のタイトルのように「1勝9敗」でもビジネスの世界ではかなり成功率が高い方です。


10個の新規ビジネスを立ち上げ、そのうち1つでも当たれば十分稼げます。


そういう事実を知らない人たちが成功者に対して「あの人はたまたま〜というものを思いついた」などと言うのは現実を知らないから言えることです。


マジックテープやポストイットが発明された経緯などを説明しつつ、日々の絶え間ない取り組みが功を奏するということが説明されています。


1つ目の教えの、目標はいらないというのは個人的にはあまり同意できません。目標があってこそ頑張れるという部分もかなりあるので。

最新記事

すべて表示

守れないルールは作らない

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 五輪の卓球を観ていて思ったのですが、守れないルールは作らないほうが良いですね。 卓球では叫ばないことがルールになりそう?(なった?)とのことですが、決勝で興奮したらそりゃー叫びますよね。 だからあまり実効性の無いルールづくりはしない方が良いですね。 マスク会食なんて典型的なそれです。 そして、今日は少し腹を立

五輪始まったな〜

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 ソフトボールの快勝で五輪が始まりましたが、テレビは急に五輪の応援にスタンスを変えていっています。 これまで、国民の過半数が反対ということで報じられていましたが、金メダル1号が出てから国民の空気がどうなるかが楽しみです。 政府は「国民なんてバカなんだから金メダルが1つ出たら空気変わるでしょ」と考えているに違いあ

"話半分"で話を聞くべき人

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 自営業になって感じたことは、世の中には基本的に信用ならない人が多いということ。 人間って他人を喜ばせることで快感を得たり、また、見栄を張って自尊心を満たしたりする生き物なので、「この仕事を依頼するつもりです」とか、「こういう人を●●人は紹介できます」などと軽いノリで言って他人を喜ばせようとすることがあります。