『大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる』

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


昨晩はタイトルの本『大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる』を6割ほど読みました。テレビを付けることは無くなったので時間ができ、その時間を本を読むのに充てるようにしています。


大学時代は経済学部でしたが、正直言うと経済学はそれほど理解していませんでした。

自分が仕事もしていなかったので実感が無かったというか、それほど真剣に捉えられていなかったんだと思います。


”限界効用逓減の法則”などは色んなものに共通して使えそうです。


まずは自分の労働時間。

●時間を超えると労働によるストレスの大きさ(限界費用)が収入(限界売上)を上回り、限界利益がマイナスになるというラインが出てきます。

そうすると、■時間だと収入と労働時間のバランスが最もよく、ワークライフバランスが最高になるということが分かってきます。


あとは”情報の非対称性”。

潜在顧客にはこの製品やサービスの質の情報が分からないので、注文を躊躇してしまうことがあります。

自分の場合、自分がいかにきちんとした公認会計士・税理士であるかをきちんと説明してあげることで潜在顧客も安心して依頼していただけるなどの効果がありそうです。

至極当然の事なのですが、理論として改めて勉強すると面白いです。



また、トイレットペーパーを買う人の心理は経済学で有名な”ゲーム理論”や””囚人のジレンマ”でも説明ができそうです。


デマだと分かりつつも他人が買い占める可能性があるので、その時の自分の最適な行動はトイレットペーパーを買いに行くという結論に至りそうです。


経済学も経営に使えそうです。今後更に勉強していきたいと思います。

最新記事

すべて表示

半沢直樹、終わりましたね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は半沢直樹の最終回でしたね。 大物政治家を退治するという結末でしたが、最終的には頭取が辞任、大和田も辞めると宣言し、半沢は残ると思われるような終わり方をしました。 サラリーマン社長は「自分の代で問題が出なければそれで良い、退職金さえもらえれば会社の将来のことなどどうでも良い」と考える方が90%だと思

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel