『年収200万円でもたのしく暮らせます』

最終更新: 7月24日

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


森永卓郎さんの著書を読みました。



コロナウイルスの影響を受けて一気に景気が悪化する中、年収200万円でも楽しく生きていける方法を提案している本です。


森永卓郎さんと言えば2003年に『年収300万円時代を生き抜く経済学』を出版された経済学者ですが、当時は「何を大袈裟なことを言っているんだ」という空気だったようですが、今となっては森永さんの言うとおりになってしまっています。


いまや派遣や非正規の労働者が増え、年収300万円あれば立派と言われるくらいかもしれません。年収300万円でも勝ち組と言われる時代がすぐそこに来ている気がします。


ですが、2020年になって書籍のタイトルに書かれる年収は更に100万円低下。年収200万円でも~となってしまいました。


この本の要旨としては、以下の2つです。


・東京一極集中の崩壊を予言

・都会と田舎の間にある”トカイナカ”での生活を推奨


当面は景気は悪化する一方でしょう。

その時、「頑張る」だけでなく「現状を受け入れる」ということも大切だと説いています。

200万円にまで下がった年収で不満なく生きていくには”トカイナカ”の生活がピッタリだと言われています。


3畳の部屋に家賃8万円を払う必要がある東京では年収200万円では到底生きていけません。

自給自足や周りからの支援も受けながら、不満なく生きていく方法が書かれています。


東京に住んでいる人は一度読んでみたら良いと思います。

最新記事

すべて表示

そろそろ口座振替もありか

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今日で9月も終わり。 だいぶ涼しくなりましたね、朝晩は寒いくらいです。 月末と言えば請求書の送付。 件数も増えてきたので口座振替もありかなと思うようになってきました。 税理士会が提携している業者さんが口座振替のセールスをよくしてくるのですが、そろそろ真面目に考えるか、、、 ただ、請求書はどちらにせよ作る

8月に女性の自殺者が前年比1.4倍と急増したようです

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 ここ最近、有名人の突然の訃報が流れてくることが多くなりました。 公式に自殺と断定されているわけではないですが、おそらく自殺でしょう。 2020年8月は、2019年8月に比べて女性の自殺者が4割増加という、非常に危機的状況になっています。 なぜ男性は増えず女性だけ増えているのでしょうか? おそらくですが、

半沢直樹、終わりましたね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は半沢直樹の最終回でしたね。 大物政治家を退治するという結末でしたが、最終的には頭取が辞任、大和田も辞めると宣言し、半沢は残ると思われるような終わり方をしました。 サラリーマン社長は「自分の代で問題が出なければそれで良い、退職金さえもらえれば会社の将来のことなどどうでも良い」と考える方が90%だと思

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel