『知的生産術』

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。

今日から9月。2020年の最後の1/3が始まりました。もう秋だというのにまだまだ暑い...


さて、標題の書籍を読み終えました。


この本の著者の出口さんは、日本生命を退職されてからライフネット生命保険を創業して上場させ、2018年からは立命館アジア太平洋大学の学長をされているようです。


出口さんの人生を通して培ってきた生産性の上げ方が書かれています。


最も同意できたのは、「社員は得意なことを出来るように適材適所に配置するのが最も生産性を上げる方法だ」という点です。先日、ストレングスファインダーを実施し、その関連書籍を読んだ私としてはすごく納得しました。


また、面白いなと感じたのは「サボる社員は必要だ」と考えている点です。

2:6:2の法則というものがあり、2割が優秀で生産性が高く、6割が普通、2割はサボりがちという法則で、概ねどんな組織にも当てはまる法則だと言えます。


下位の2割を除外したとしても、残りの8割の中で、下位の2割がサボりがちに変わってしまうという法則です。


これ、東大生を100人集めて、下位2割を除外しても同じ結果となると言われているから、あらゆる組織に当てはまる法則なんでしょう。


だからこそ、サボる社員は必要悪だという風に考えられているようです。


どうやっても全員を効率よく働かせるというのは無理な話のようです。


中には「上司への悪口はストレス解消になる」ということで、それを勧めるようなことが書かれていましたが、これはあまり同意できませんでしたね。

ただ、全体としてはとても参考になる本でした。

最新記事

すべて表示

五輪始まったな〜

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 ソフトボールの快勝で五輪が始まりましたが、テレビは急に五輪の応援にスタンスを変えていっています。 これまで、国民の過半数が反対ということで報じられていましたが、金メダル1号が出てから国民の空気がどうなるかが楽しみです。 政府は「国民なんてバカなんだから金メダルが1つ出たら空気変わるでしょ」と考えているに違いあ

"話半分"で話を聞くべき人

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 自営業になって感じたことは、世の中には基本的に信用ならない人が多いということ。 人間って他人を喜ばせることで快感を得たり、また、見栄を張って自尊心を満たしたりする生き物なので、「この仕事を依頼するつもりです」とか、「こういう人を●●人は紹介できます」などと軽いノリで言って他人を喜ばせようとすることがあります。

弁護士も大変だな...

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 こんなニュースがありました。 交番襲撃、弁護側が無罪主張 35歳男「よく分からない」 大阪地裁(時事通信) https://news.yahoo.co.jp/articles/2407ca3609265bf4d55ab71330ff931852cd02b8 他人を殺しかけた犯罪者について、「当時、統合失