『知的生産術』

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。

今日から9月。2020年の最後の1/3が始まりました。もう秋だというのにまだまだ暑い...


さて、標題の書籍を読み終えました。


この本の著者の出口さんは、日本生命を退職されてからライフネット生命保険を創業して上場させ、2018年からは立命館アジア太平洋大学の学長をされているようです。


出口さんの人生を通して培ってきた生産性の上げ方が書かれています。


最も同意できたのは、「社員は得意なことを出来るように適材適所に配置するのが最も生産性を上げる方法だ」という点です。先日、ストレングスファインダーを実施し、その関連書籍を読んだ私としてはすごく納得しました。


また、面白いなと感じたのは「サボる社員は必要だ」と考えている点です。

2:6:2の法則というものがあり、2割が優秀で生産性が高く、6割が普通、2割はサボりがちという法則で、概ねどんな組織にも当てはまる法則だと言えます。


下位の2割を除外したとしても、残りの8割の中で、下位の2割がサボりがちに変わってしまうという法則です。


これ、東大生を100人集めて、下位2割を除外しても同じ結果となると言われているから、あらゆる組織に当てはまる法則なんでしょう。


だからこそ、サボる社員は必要悪だという風に考えられているようです。


どうやっても全員を効率よく働かせるというのは無理な話のようです。


中には「上司への悪口はストレス解消になる」ということで、それを勧めるようなことが書かれていましたが、これはあまり同意できませんでしたね。

ただ、全体としてはとても参考になる本でした。

最新記事

すべて表示

2年連続でGW商戦が無くなりましたが

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 2年連続でGWが潰されることとなりました。 去年は持続化給付金、家賃支援給付金、コロナ融資、一人10万円の特別定額給付金などで資金繰りは何とかなった方が多いと思いますが、今年は流石にキツい事業者が多いのではないでしょうか。 去年の蓄えを解かしている方もかなり多いと見られ、倒産・廃業ラッシュになるのではないかと

うちわ作る金あるなら緊急事態宣言出さなくて良い方法考えてほしい...

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 またまた緊急事態宣言の発出要請を出すというニュースが。 大阪に倣って兵庫も要請するみたいですね。 あの団扇は何だったんだよ... GWの稼ぎ時に完全に水を差されたといったところですね。 まんぼうと緊急事態でほとんど違い無いと思いますが、緊急事態となればやはり大手企業などはきちんと対応しないといけなくなります。

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel