お願いだから分かりやすい制度にして欲しい

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


政府が検討している給付金の制度(世帯に30万円だとか中小企業に200万円だとか)について。


一会計事務所として言いたいことは、要件を複雑化しないでいただきたいということ。

お客様から「うちは対象になりますか?」という質問がかなり来て大変です。


お金の事ならとりあえず顧問税理士に聞いておけとなり、こちらが政府の一窓口化してしまっています。私自身もまだ制度の事をあまり分かっていません。というのも法律としては何も決まっていないので、要件も変わりそうですし、手続きも公表されていません。


ちょっとしたデマも流れました。申請には経産省の補助金申請に使う”Jグランツ”というシステムが使われるだろうという噂が出ていましたが、JグランツのHPに”持続化給付金の申請にJグランツは使いません”と明記されていました。


相談されても「今報道されている条件だと該当すると”思います”としか言えません」と説明しています。


今は3月決算の企業の決算業務で比較的忙しいので、お客様全員から同じ質問をされると、こちらとしてもかなり大変です。


自分としては、一律10万円でも低所得世帯に30万円でもどっちでも良いので(そこに政治的思想はありませんので)とにかく分かりやすい制度にしてほしい、ただそれだけです。

最新記事

すべて表示

大手通信キャリアは戦々恐々ですね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今日から4連休。特に何もイベントは無いので、いつも通りの休日の過ごし方をします。 さて、菅総理になってから、早速「携帯料金を下げさせる」宣言があり、docomo、au、Softbankの3社は戦々恐々でしょう。 ドコモの株価は、ドコモ口座事件もあり、相当下がっています。 よく「格安スマホ」という言葉が使

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel