ふるさと納税の還元率改悪


こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


ふるさと納税の還元率が4月から改悪されるということで、「3月中にふるさと納税しておきたいので、私のだいたいの限度額を教えてもらえませんか?」との相談を顧問先様から受けまして、先ほど計算を終えました。


これまで、私も会社員だったので、さとふるのサイトで目安金額を計算してもらって、それより少し少なめの金額をふるさと納税していましたが、今年1年はフルで個人事業主なので、個人事業主の前提で限度額を計算しないといけません。


自分の限度額計算のためにも良い機会でした。


ふるさと納税の限度額は以下の算式で計算できます。


【(個人住民税所得割額×20%)÷(100%-基本分10%-所得税率×復興税率1.021)+自己負担2,000円】


これを計算するためには事業計画が必要です。


サラリーマンであれば収入は給与収入、経費は給与所得控除のみなので計算が簡単にできますが、個人事業主の場合、事業所得が必要となります。


とりあえず事業計画を作って、限度額の目安の7割くらいを3月中に寄附して、残りは実績が見えてくる12月に寄附することをお薦めします。

最新記事

すべて表示

大手通信キャリアは戦々恐々ですね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今日から4連休。特に何もイベントは無いので、いつも通りの休日の過ごし方をします。 さて、菅総理になってから、早速「携帯料金を下げさせる」宣言があり、docomo、au、Softbankの3社は戦々恐々でしょう。 ドコモの株価は、ドコモ口座事件もあり、相当下がっています。 よく「格安スマホ」という言葉が使

報酬・料金

​Fee/Price

報酬・料金.JPG
アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel