オンライン会議での注意点

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


オンライン会議を何度かしましたが、注意した方が良いなと思う点を書いてみます。


①イヤホンを付ける

イヤホンを付けていないと、自分の声が相手のPCから出て、それが相手のPCのマイクに拾われてこっちにまた聞こえてくる(ハウリング)という現象が起きます。

これを防ぐためにイヤホンは必要だと思います。


②同じ場所から2人同時に参加する場合、なるべくPCは1台で参加する

どちらか一人が喋ると、2つのPCから拾われて、物凄く聞きづらくなります。

同じロケーションから2人以上で参加する場合、


・PCは1台で参加する

・別々の会議室からそれぞれのPCで参加する

・自分が言葉を発しない間はミュートにしておく


などの対応が必要かなと感じました。ミュートは、Zoomなら出来ますが、Skypeは出来ないんですよね~セキュリティの関係で、可能な限りSkypeを使いたいのですが、、、


③窓の近くの席からは参加しない

光が入ると顔が白くなり、相手からよく見えなくなります。

自分の仕事用デスクが窓のすぐ隣なので、相手には綺麗に映っていなかっただろうなと反省。最近では食卓から参加するようにしています。


今後もオンライン会議をやることは増えそうなのでリテラシーを高めておこうと思います。

最新記事

すべて表示

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

意外に大変な9月10月

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 7月決算の法人が2社、8月決算の法人が2社で、9月と10月は意外に大変です。 うち、7月決算の法人1社は契約してから2回目だったのでまだ楽でしたが、1社は5月からの切り替えで、途中まで前の税理士さんがやっていたので、なかなか大変でした。 いざとなればコロナの猶予があるとはいえ、9月末が期限なのでそこは守

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel