オンライン会議での注意点

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


オンライン会議を何度かしましたが、注意した方が良いなと思う点を書いてみます。


①イヤホンを付ける

イヤホンを付けていないと、自分の声が相手のPCから出て、それが相手のPCのマイクに拾われてこっちにまた聞こえてくる(ハウリング)という現象が起きます。

これを防ぐためにイヤホンは必要だと思います。


②同じ場所から2人同時に参加する場合、なるべくPCは1台で参加する

どちらか一人が喋ると、2つのPCから拾われて、物凄く聞きづらくなります。

同じロケーションから2人以上で参加する場合、


・PCは1台で参加する

・別々の会議室からそれぞれのPCで参加する

・自分が言葉を発しない間はミュートにしておく


などの対応が必要かなと感じました。ミュートは、Zoomなら出来ますが、Skypeは出来ないんですよね~セキュリティの関係で、可能な限りSkypeを使いたいのですが、、、


③窓の近くの席からは参加しない

光が入ると顔が白くなり、相手からよく見えなくなります。

自分の仕事用デスクが窓のすぐ隣なので、相手には綺麗に映っていなかっただろうなと反省。最近では食卓から参加するようにしています。


今後もオンライン会議をやることは増えそうなのでリテラシーを高めておこうと思います。

最新記事

すべて表示

起業1年目はとにかく固定費を増やすな!

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 「起業1年目はとにかく固定費を増やすな」と感じる出来事があったのでブログに書くことにしました。 売上が見込めない状況で家賃の高いオフィス、立派な社宅、高い役員報酬、高い従業員給与などは絶対にやってはいけないと思っています。 銀行借入してそれらを払っているようでは更に危険です。 形式的なところは後から整えられま

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経

持続化給付金第2弾

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金の第2弾が始まりそうですね。 月次支援金では、2020年になってから法人化した場合に物凄く不利な取り扱いを受けていましたが、今回はどうなるのやら。 顧問先さんから何件か問い合わせがありましたが、そもそもまだ何も決まっていないので答えようが無く、、、 今回も事前確認はあるようですので、商工会議所に依頼