コロナウイルス第3波?

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


コロナウイルス感染者(正確にはPCR検査陽性者)が増えてきましたね。


また自粛ムードが漂いそうですが、死者数が全然伸びていないので、インフルエンザと同じ扱いにすべきだと思います。

また緊急事態宣言なんか出していたら本当に日本経済は焼け野原になるでしょう。



それよりも大変なのは自殺者数の増加。

10月は2,153名の方が自ら命を絶ったようで、前年同月比で39.9%増加。


8月くらいまでは女性が多かったようです。まずは派遣やアルバイト等の非正規から雇用契約を切られ、そのような形態には女性が多いために、経済苦になった女性が自ら命を絶ち始めたのが8月。


ですが、ここ最近は上場企業のリストラのニュースばかり。

青山商事が400人のリストラ、エイベックスは本社ビルの流動化を含むリストラ。


自殺者の層が中高年の男性に移ってきているのではないでしょうか。


コロナで騒ぎ立てて国民を洗脳するマスコミを少し規制した方が良いのではないでしょうかね。

コロナの女王なるコメンテーターがまた出てきて、「危ない」「自粛しろ」「PCR検査増やせ」とひたすら言う毎日がまた始まるのでしょうか。。。うんざりですね。


地上波ばかり観ていたら本当に頭が悪くなると思いますね、TVは底辺の娯楽と言っても過言ではありません。

最新記事

すべて表示

年収1,000万円の手取は20年で80万円も減っていたらしい

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今年から給与所得控除の減額が行なわれました。 大半の人は影響がありませんが、年収850万円以上の方は増税となります。 皆が憧れる年収1,000万円。ですが、手取りは720万円です。 月平均にすると60万円。 20年前は手取800万円だったようです。 社会保険料の値上げがすごい。。。 年収1,000万円を

12月は持続化給付金の最後のチャンス

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 12月は持続化給付金の最後のチャンスです。 2019年12月に比べて、売上が半減すれば200万円が支給されます。 ここ最近、PCR検査の陽性者数がどんどん増えていっているので、お店を開けていてもほとんどお客さんが来ないことも考えられます。 時短営業を要請されている中、あえて店を開けないという選択肢もありだと思い

Go To除外で何か影響はあるか?

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 Go To トラベルキャンペーンから、札幌市と大阪市が除外されました。 特定のピンポイントだけ除外して何か意味があるのでしょうか? 大阪に遊びに行きたい人は、たとえば吹田市に宿泊して大阪市内に遊びに行くというのは割り引きが適用されるということですよね。 やってる感を出すのだけは早いけど、実効性はほぼ無し

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel