コロナ再燃で税務調査はどうなる?

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


コロナが再燃してきている中、税務調査はどうなるのでしょうか?


いわゆる第一波の時は税務調査が凍結となり、半年間ほど調査は行なわれませんでした。


今回の第3波は当時よりも大きくなりそうなので、税務調査の再凍結は十分にありえます。


ただ、今時点で調査の打診が来ているところは早く受けて、早めに片付ける方が良いでしょう。


コロナの影響で税務調査を長引かせることは難しいですし、他府県の拠点に実地調査に行くことはおそらくしないでしょうから、調査を受ける側の負担はかなり軽減されるのでは?と思います。


打診が来ているのに「コロナだから」と拒絶して先送りしていては、コロナの影響が収まるまでの間、景気悪化に加えて税務調査にまで怯える日々を過ごさないといけなくなります。


嫌なことは早めに片付ける。この姿勢は税務調査でもかなり活きてくると思います。

最新記事

すべて表示

ブログ更新について

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 ブログ更新ですが、当面更新頻度を下げていこうと思います。 現在、別で取り組んでいるものがありまして、そちらに力を入れていきたいと思っています。 週1もしくは2くらいで更新していこうと思います。 よろしくお願いします!

酒類提供禁止をチャンスに

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 令和の禁酒法が今日からスタート。 お店でお酒が飲めない17日間がスタートしました。 飲食店は協力金をもらうために従うでしょう。なので、お酒を出すお店は無いと思います。 寂しいと嘆いてばかりでは勿体ないので、チャンスに変えてみるのもありですね。 酒類を飲めないのであれば、酒を止めてみようと。 少量の飲酒であれば