コロナ再燃にどう備えるか

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


コロナの警戒レベルを引き上げるなどというニュースが流れています。


年末年始にまた県跨ぎの移動の自粛要請が出ないか心配ですが、そうなると景気回復にはかなり水をさされることになります。


先ずは売上減少に備えましょう。

仕入を減らしてキャッシュアウトを減らしておくことが大事です。

今は責めのタイミングでは無いと思います。


そして税金対策をきっちりやりましょう。個人事業主であれば来年3月には所得税、消費税の納付時期が来ます。

経費になる支出なのに経費に入れていないものなどはないでしょうか?仕事に少しでも関わっている支出であれば一度顧問税理士に相談してみるべきです。


また、所得税はクレジットカード納付もできます。支払い時期を先送りできますので、資金繰りの手段としては有効です。


これは何度も書いていますが、固定費の削減。いまだに3大キャリアを使っている方がいれば早く格安スマホもしくは楽天モバイルに変えましょう。

菅総理の要請で3大キャリアが安くなると期待している人もいるかもしれませんが、あんなのは所詮出来レースですから、政府の要請には一応対応したという体裁を作って、他の部分で実質値上げをすることは目に見えています。


3大キャリアを使って良いのは富裕層だけだと個人的には思っています(通信の安定性が特に重要な仕事の方は別ですが)。


できることって本当に限られています。

税金対策と固定費の削減。これに尽きます。


ただ、この限られたことすら出来る人はほとんどいません。やった人は自然と勝ち組になれる確率は高くなるでしょう。

最新記事

すべて表示

年収1,000万円の手取は20年で80万円も減っていたらしい

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今年から給与所得控除の減額が行なわれました。 大半の人は影響がありませんが、年収850万円以上の方は増税となります。 皆が憧れる年収1,000万円。ですが、手取りは720万円です。 月平均にすると60万円。 20年前は手取800万円だったようです。 社会保険料の値上げがすごい。。。 年収1,000万円を

12月は持続化給付金の最後のチャンス

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 12月は持続化給付金の最後のチャンスです。 2019年12月に比べて、売上が半減すれば200万円が支給されます。 ここ最近、PCR検査の陽性者数がどんどん増えていっているので、お店を開けていてもほとんどお客さんが来ないことも考えられます。 時短営業を要請されている中、あえて店を開けないという選択肢もありだと思い

Go To除外で何か影響はあるか?

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 Go To トラベルキャンペーンから、札幌市と大阪市が除外されました。 特定のピンポイントだけ除外して何か意味があるのでしょうか? 大阪に遊びに行きたい人は、たとえば吹田市に宿泊して大阪市内に遊びに行くというのは割り引きが適用されるということですよね。 やってる感を出すのだけは早いけど、実効性はほぼ無し

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel