ゴーンショックについて思うこと


こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


ゴーン氏逮捕の衝撃ニュースから1週間近く経ちましたが、国同士の問題に発展する可能性が出てくるなど、いまだに収まる気配はありませんね。


ゴーン氏がやったことは当然ダメなことなのですが、これ、きっと他の上場会社にも波及していきます。


日産の会計監査をやっている監査法人は、絶対に他のクライアントにも調査を広げてくるでしょうし、業界横並びが普通なので、他の監査法人もこぞってクライアント企業の役員の使った経費の中身の精査などをしてくるはずです。


で、他の企業はどうなのか?ということですが、私的経費は含まれていることは確実です。

役員ですとある程度の裁量を与えられるので、交際費もその枠の中で使えることとなり、わけのわからない支出はいっぱいあるはずです。


所有と経営が一致している非上場企業であれば、(きちんと税務申告をしていればですが)特に咎められるようなことは無いかもしれませんが、所有と経営が分離している上場企業でこれはいけません。


ゴーン氏はいわば会社を私物化していたわけですが、上場企業は(理論上)株主のものです。家族の住む家の家賃を会社に持たせるというのはダメですね。


あれだけの報酬もらっていてまだ欲しいか。。。という感想を持ってしまいますが、人間の欲は尽きないということなんでしょうか。

最新記事

すべて表示

決算期変更の手続き

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 10月末で決算を迎える自分の法人ですが、次は決算期を12月末にします。 11・12月の2ヶ月だけの決算を一度挟んで、個人と事業年度を合わせます。 決算期変更手続きは思いのほか簡単です。 決算期変更に関する決議(合同会社であれば総社員の同意書)を取り、それを添付して税務署や県、市に届出を出すだけ。 定款に

地銀の凋落は起こるべくして起こった気がする

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 菅内閣になって地銀再編が方針として掲げられていますが、現在、地銀の6割が赤字という異常事態です。 独立開業して以来、地銀の役割がよく分からなくなってきました。 大企業 → メガバンクから融資 中小企業 → 信用金庫から融資 あれ、地銀は?という感じです。 中小企業を設立してすぐに地銀に口座開設の申し込み

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel