ドコモ口座の被害

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


ドコモ口座を使って不正に資金が引き出されていたという事件が起きていますね。

ドコモ口座を開く際の本人確認が甘かったことにより起きた事件のようです。


こういう事件が起きることで、決済の電子化が遅れそうですね。


現時点では、日本全国でたった(と言ってしまえば怒られそうですが)2,000万円の被害です。全体から見ればとても小さな額です。ドコモの資金力だと余裕で補償できるでしょう。


これだけ報道されると「電子決済怖い」とか「ネットバンク怖い」という風潮になり、電子化に反対する勢力の勢いが増しそうです。


電子決済化を進めてクラウド会計導入で顧問先拡大に繋げようとしている私としてはマイナスなニュースです。

最新記事

すべて表示

決算期変更の手続き

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 10月末で決算を迎える自分の法人ですが、次は決算期を12月末にします。 11・12月の2ヶ月だけの決算を一度挟んで、個人と事業年度を合わせます。 決算期変更手続きは思いのほか簡単です。 決算期変更に関する決議(合同会社であれば総社員の同意書)を取り、それを添付して税務署や県、市に届出を出すだけ。 定款に

2年前の住民税が還付されることに

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。 住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。 所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。 開業して

地銀の凋落は起こるべくして起こった気がする

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 菅内閣になって地銀再編が方針として掲げられていますが、現在、地銀の6割が赤字という異常事態です。 独立開業して以来、地銀の役割がよく分からなくなってきました。 大企業 → メガバンクから融資 中小企業 → 信用金庫から融資 あれ、地銀は?という感じです。 中小企業を設立してすぐに地銀に口座開設の申し込み