ネット選挙って面白いですね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


YouTubeで都知事選の立候補者の動画が出ていますが、ネット選挙が解禁されたのは2013年4月だったんですね。


今となってはYouTubeで数万人に演説を届けられる時代ですが、昔は本当に”どぶ板選挙”だったんでしょうね。


立候補者の負担が軽くなったのもメリットだと思いますが、


・負担が軽くなったので、幅広い層が立候補しやすくなった(有権者の選択肢が増える)

・有権者が色んな人の演説を自宅で聞くことができ、きちんと吟味できるようになった


などのメリットもあると思います。


政治的な主張はするつもりはありませんが、1個だけ言えることは若い層の投票率は絶対に上げるべきということです。


コロナ騒動で痛感したと思いますが、結局政治は投票に行く老人のことを考えて行なわれています。いわゆるシルバー民主主義です。


若者はどうせ投票に行かないし、高校生以下は投票権すら無いので、若者の致死率はほぼ0なのに教育を受ける機会を奪われ、政治家の「対策してますよ」アピールの道具に使われているわけです。


どこの党に入れるべきとか、誰に入れるべきなんてことは全く言うつもりはありませんが、とにかく若者世代が投票に行くべきということだけは訴えたいです。


若者の投票率が上がるだけで、どの政党も、もっと若者にも向けた政治をするようになるでしょう。

最新記事

すべて表示

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経

持続化給付金第2弾

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金の第2弾が始まりそうですね。 月次支援金では、2020年になってから法人化した場合に物凄く不利な取り扱いを受けていましたが、今回はどうなるのやら。 顧問先さんから何件か問い合わせがありましたが、そもそもまだ何も決まっていないので答えようが無く、、、 今回も事前確認はあるようですので、商工会議所に依頼

10万円給付

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 18歳以下の子供に対して1人当たり10万円給付がほぼ決定したようです。 ただし、所得制限有りとのこと。 子どものいない我が家には全く関係ない話で、最初から興味も無かったのですが、けっこう疑問だらけの給付金ですよね。 まず18歳は大人という扱いに変わっているので、子ども救済の趣旨であれば17歳以下にする必要があり