ネット選挙って面白いですね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


YouTubeで都知事選の立候補者の動画が出ていますが、ネット選挙が解禁されたのは2013年4月だったんですね。


今となってはYouTubeで数万人に演説を届けられる時代ですが、昔は本当に”どぶ板選挙”だったんでしょうね。


立候補者の負担が軽くなったのもメリットだと思いますが、


・負担が軽くなったので、幅広い層が立候補しやすくなった(有権者の選択肢が増える)

・有権者が色んな人の演説を自宅で聞くことができ、きちんと吟味できるようになった


などのメリットもあると思います。


政治的な主張はするつもりはありませんが、1個だけ言えることは若い層の投票率は絶対に上げるべきということです。


コロナ騒動で痛感したと思いますが、結局政治は投票に行く老人のことを考えて行なわれています。いわゆるシルバー民主主義です。


若者はどうせ投票に行かないし、高校生以下は投票権すら無いので、若者の致死率はほぼ0なのに教育を受ける機会を奪われ、政治家の「対策してますよ」アピールの道具に使われているわけです。


どこの党に入れるべきとか、誰に入れるべきなんてことは全く言うつもりはありませんが、とにかく若者世代が投票に行くべきということだけは訴えたいです。


若者の投票率が上がるだけで、どの政党も、もっと若者にも向けた政治をするようになるでしょう。

最新記事

すべて表示

半沢直樹、終わりましたね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は半沢直樹の最終回でしたね。 大物政治家を退治するという結末でしたが、最終的には頭取が辞任、大和田も辞めると宣言し、半沢は残ると思われるような終わり方をしました。 サラリーマン社長は「自分の代で問題が出なければそれで良い、退職金さえもらえれば会社の将来のことなどどうでも良い」と考える方が90%だと思

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel