ネット選挙って面白いですね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


YouTubeで都知事選の立候補者の動画が出ていますが、ネット選挙が解禁されたのは2013年4月だったんですね。


今となってはYouTubeで数万人に演説を届けられる時代ですが、昔は本当に”どぶ板選挙”だったんでしょうね。


立候補者の負担が軽くなったのもメリットだと思いますが、


・負担が軽くなったので、幅広い層が立候補しやすくなった(有権者の選択肢が増える)

・有権者が色んな人の演説を自宅で聞くことができ、きちんと吟味できるようになった


などのメリットもあると思います。


政治的な主張はするつもりはありませんが、1個だけ言えることは若い層の投票率は絶対に上げるべきということです。


コロナ騒動で痛感したと思いますが、結局政治は投票に行く老人のことを考えて行なわれています。いわゆるシルバー民主主義です。


若者はどうせ投票に行かないし、高校生以下は投票権すら無いので、若者の致死率はほぼ0なのに教育を受ける機会を奪われ、政治家の「対策してますよ」アピールの道具に使われているわけです。


どこの党に入れるべきとか、誰に入れるべきなんてことは全く言うつもりはありませんが、とにかく若者世代が投票に行くべきということだけは訴えたいです。


若者の投票率が上がるだけで、どの政党も、もっと若者にも向けた政治をするようになるでしょう。

最新記事

すべて表示

守れないルールは作らない

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 五輪の卓球を観ていて思ったのですが、守れないルールは作らないほうが良いですね。 卓球では叫ばないことがルールになりそう?(なった?)とのことですが、決勝で興奮したらそりゃー叫びますよね。 だからあまり実効性の無いルールづくりはしない方が良いですね。 マスク会食なんて典型的なそれです。 そして、今日は少し腹を立

五輪始まったな〜

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 ソフトボールの快勝で五輪が始まりましたが、テレビは急に五輪の応援にスタンスを変えていっています。 これまで、国民の過半数が反対ということで報じられていましたが、金メダル1号が出てから国民の空気がどうなるかが楽しみです。 政府は「国民なんてバカなんだから金メダルが1つ出たら空気変わるでしょ」と考えているに違いあ

"話半分"で話を聞くべき人

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 自営業になって感じたことは、世の中には基本的に信用ならない人が多いということ。 人間って他人を喜ばせることで快感を得たり、また、見栄を張って自尊心を満たしたりする生き物なので、「この仕事を依頼するつもりです」とか、「こういう人を●●人は紹介できます」などと軽いノリで言って他人を喜ばせようとすることがあります。