不動産業界の裏話

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


不動産屋さんと話す機会があり、色々と業界の面白い話を聞くことができました。


家賃4万円以下の物件は生活保護受給者向けの物件である

生活保護の方は法律で借りられる家の家賃の上限が決まっているらしく、それが4万円とのこと。都市によって違うかもしれませんが、神戸市では4万円とのこと


ネット上に出ている物件でも既に契約が決まっているものは多数ある

これは仕組み上仕方ないらしいです。問い合わせたら「その物件、もう決まっちゃったんですよ~」と言われて「おとり物件載せるな!」と頭にくることは多々あると思いますが、これ、メインで取り扱っている会社以外は物件が決まっているかどうかは、電話で聞く以外知り様が無いらしいです。

定期的にメインの管理会社に電話で聞いて、決まっている物件があれば削除しているようですが、


キャッシュで家を買えない芸能人以外は賃貸暮らし

芸能人の審査はかなり厳しいようです。

ローンは基本的に組めないし(よほどの売れっ子は別ですが)、賃貸契約でも審査はかなり厳しいようです。



外国人に貸すと1人暮らしの契約なのに4~5人で住むことがざらにある

神戸には外国人の方も多いですが、特定の国籍の方に貸すと、1人で住む契約なのに4~5人で住んでいることが多く、敬遠されるようです。差別に繋がるのでどこの国かは書きませんが、、、


他の業界の裏話を聞くことは面白いです。

最新記事

すべて表示

起業1年目はとにかく固定費を増やすな!

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 「起業1年目はとにかく固定費を増やすな」と感じる出来事があったのでブログに書くことにしました。 売上が見込めない状況で家賃の高いオフィス、立派な社宅、高い役員報酬、高い従業員給与などは絶対にやってはいけないと思っています。 銀行借入してそれらを払っているようでは更に危険です。 形式的なところは後から整えられま

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経

持続化給付金第2弾

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金の第2弾が始まりそうですね。 月次支援金では、2020年になってから法人化した場合に物凄く不利な取り扱いを受けていましたが、今回はどうなるのやら。 顧問先さんから何件か問い合わせがありましたが、そもそもまだ何も決まっていないので答えようが無く、、、 今回も事前確認はあるようですので、商工会議所に依頼