不動産業界の裏話

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


不動産屋さんと話す機会があり、色々と業界の面白い話を聞くことができました。


家賃4万円以下の物件は生活保護受給者向けの物件である

生活保護の方は法律で借りられる家の家賃の上限が決まっているらしく、それが4万円とのこと。都市によって違うかもしれませんが、神戸市では4万円とのこと


ネット上に出ている物件でも既に契約が決まっているものは多数ある

これは仕組み上仕方ないらしいです。問い合わせたら「その物件、もう決まっちゃったんですよ~」と言われて「おとり物件載せるな!」と頭にくることは多々あると思いますが、これ、メインで取り扱っている会社以外は物件が決まっているかどうかは、電話で聞く以外知り様が無いらしいです。

定期的にメインの管理会社に電話で聞いて、決まっている物件があれば削除しているようですが、


キャッシュで家を買えない芸能人以外は賃貸暮らし

芸能人の審査はかなり厳しいようです。

ローンは基本的に組めないし(よほどの売れっ子は別ですが)、賃貸契約でも審査はかなり厳しいようです。



外国人に貸すと1人暮らしの契約なのに4~5人で住むことがざらにある

神戸には外国人の方も多いですが、特定の国籍の方に貸すと、1人で住む契約なのに4~5人で住んでいることが多く、敬遠されるようです。差別に繋がるのでどこの国かは書きませんが、、、


他の業界の裏話を聞くことは面白いです。

最新記事

すべて表示

年収1,000万円の手取は20年で80万円も減っていたらしい

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今年から給与所得控除の減額が行なわれました。 大半の人は影響がありませんが、年収850万円以上の方は増税となります。 皆が憧れる年収1,000万円。ですが、手取りは720万円です。 月平均にすると60万円。 20年前は手取800万円だったようです。 社会保険料の値上げがすごい。。。 年収1,000万円を

12月は持続化給付金の最後のチャンス

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 12月は持続化給付金の最後のチャンスです。 2019年12月に比べて、売上が半減すれば200万円が支給されます。 ここ最近、PCR検査の陽性者数がどんどん増えていっているので、お店を開けていてもほとんどお客さんが来ないことも考えられます。 時短営業を要請されている中、あえて店を開けないという選択肢もありだと思い

Go To除外で何か影響はあるか?

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 Go To トラベルキャンペーンから、札幌市と大阪市が除外されました。 特定のピンポイントだけ除外して何か意味があるのでしょうか? 大阪に遊びに行きたい人は、たとえば吹田市に宿泊して大阪市内に遊びに行くというのは割り引きが適用されるということですよね。 やってる感を出すのだけは早いけど、実効性はほぼ無し

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel