人を雇うリスク


おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


GW初日に、同じく独立している公認会計士・税理士の知り合いの方とランチしてきましたが、けっこう勉強になりました。


その方はパートを数名と、正社員を1名雇っていますが、人を雇う苦労というのを聞かせていただきました。


「自分が人を雇ってから、初めて人を雇っている経営者の気持ちが分かるようになるし、経営者も自分の事を仲間と思って見てくれるようになる」というのはすごく納得しました。


ただ、人を雇うというのは凄くリスクもあるようで、正社員の採用に失敗して、痛い目をみた話も聞かせていただきました。日本だと、試用期間でも実質的に解雇できないため、割増の金を払って手を打ったようです。


いつでもクビを切れるようにならないと、派遣・アルバイトの数しか増えないんじゃないでしょうかね。


45歳以上は平気でリストラされるし、経団連も終身雇用を止めようとしているこの時代、そろそろ日本も雇用制度を変えてほしいです(自分が人を雇うころまでに)。

最新記事

すべて表示

半沢直樹、終わりましたね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は半沢直樹の最終回でしたね。 大物政治家を退治するという結末でしたが、最終的には頭取が辞任、大和田も辞めると宣言し、半沢は残ると思われるような終わり方をしました。 サラリーマン社長は「自分の代で問題が出なければそれで良い、退職金さえもらえれば会社の将来のことなどどうでも良い」と考える方が90%だと思

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel