今日で開業2周年になりました

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


開業日が2018年9月3日なので、今日で開業2周年となりました。

なんだかんだでこの生活にも慣れ切ってしまい、家からほぼ出ない日もけっこうあります。

よほどのことが無い限り、もうサラリーマンには戻れません、、、


2年間で、事業としてはある程度、形ができ上がってきたかなという印象です。


税理士業務の月次顧問先は1件の状態からスタートしましたが、今数えてみると18件になっていました。


毎年確定申告だけを依頼してくださる方も多く、提携している不動産会社・運送会社からの紹介(サラリーマン大家さん、個人事業のドライバーさん)もあるため、年1回の申告の方は80件ほどはある?といった感じです。


それとは別に、法人で受けている会計コンサルティング業務は0件→2件。こちらは1社あたりの金額が税理士業務よりも高いので、2件でもそれなりの金額になります。


売上だけで見ると、当初思い描いていた事業計画の2倍くらいの速さで伸ばしていくことができました。本当にありがたいことです。


どういう姿勢で2年間やってきたかと言うと、、、


・来るもの拒まず、去る者追わず

選り好みせず、どんな方のお話も1度は聞くようにしています。

実際に仕事をしてから、どうしても合わなければ解約すれば良いかなと。精神的には疲れそうですけど。

あとは、あまりこちらから「仕事ください」という姿勢は見せないようにしています。そういう職業でもないと思うのと、ある程度懐に余裕があるように見せないと「この税理士、大丈夫か?」と思われてしまいますので。


・数打ちゃ当たる

仕事を取れるかどうかは確率論的な話でもあり、やはり数を打たないと当たりません。

ネット上のビジネスマッチングサイトなどでは、一時期かなりの数を打ちました。昨年の10月頃は毎週新規候補の方とお会いしていました。めちゃくちゃ疲れが溜まっていましたが、、、


・何とかなる

人生なんとでもなるものです。2つの意味でこの言葉をよく考えていました。

1つ目は、収入が無くなっても何とかなるということ。生活費を切り詰めればそれほど稼がなくても生きていけますし、最悪サラリーマンに戻れば最低限の収入は得られます。本当に最後の最後の手段ですが、日本には生活保護という制度もあります。制度や手続きなどをきちんと把握していれば、そうそう死ぬことも無いかと。

2つ目は、難しい仕事が来ても何とかなるというものです。「できます」と言ってから色々と調べれば良いのです。



2年が経過しましたが、今後の展望などを考える機会が最近増えました。

会計事務所業を更に拡大するということは当然引き続きやっていきますが、一人の限界値も近いので、スタッフの雇用を考えないといけない段階に来ています。


また、他の業態をやってみるというのも面白いかなと。手間も元手資金もあまりかからないようなものが無いかなと色々と考えています。自分自身が(会計事務所業以外の)ビジネスをやるということも、会計事務所業にプラスになる気もしますし。


とにかく次の1年を突っ走りたいと思います!

最新記事

すべて表示

8月に女性の自殺者が前年比1.4倍と急増したようです

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 ここ最近、有名人の突然の訃報が流れてくることが多くなりました。 公式に自殺と断定されているわけではないですが、おそらく自殺でしょう。 2020年8月は、2019年8月に比べて女性の自殺者が4割増加という、非常に危機的状況になっています。 なぜ男性は増えず女性だけ増えているのでしょうか? おそらくですが、

半沢直樹、終わりましたね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は半沢直樹の最終回でしたね。 大物政治家を退治するという結末でしたが、最終的には頭取が辞任、大和田も辞めると宣言し、半沢は残ると思われるような終わり方をしました。 サラリーマン社長は「自分の代で問題が出なければそれで良い、退職金さえもらえれば会社の将来のことなどどうでも良い」と考える方が90%だと思

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel