top of page
  • 安田 亮

付加価値割とインボイス制度

おはようございます!代表の安田です。


付加価値割とインボイス制度において、新たな課税処理が必要となる場面が増えています。ここでは、特に税抜経理を行なう事業者にとって重要なポイントを詳細に解説します。


<付加価値割の基本>

付加価値割は、地方税法に基づく課税方式で、事業者の経済活動に付加される価値に基づいて課税が行なわれます。この制度では、対価の額と消費税額が分けて経理されることが求められます。


<インボイス制度との関連性>

インボイス制度の導入により、課税仕入れにおける消費税額の処理が変更されています。

特に、免税事業者からの課税仕入れの場合、仮払消費税が発生しないため、取引の対価の額に含める必要があります。


<実務上の注意点>

対価の額の取り扱い

税抜経理をしている事業者は、消費税額とみなされない額を正確に対価の額に含める必要があります。この処理を怠ると、付加価値割の算定時に誤りが生じる可能性があります。


経過措置の適用

制度開始後の初期3年間は、仕入税額相当額の一定割合(80%)を控除する経過措置が適用されます(その後3年間は50%)この間、消費税額とみなされない額を含めた合計額が付加価値割の課税標準となります。


具体例

例えば、法人が免税事業者等からの課税仕入れで500万円を支払った場合、仕訳で支払賃借料500万円として処理し、50万円の仮払消費税を記載します。仕入れの合計額510万円が付加価値割の課税標準となるため、これを正確に記録・申告することが重要です。



神戸 税理士 確定申告 顧問契約 会社設立 freee

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page