会社設立について⑥

神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。

前回からの続きです。


・役員社宅等を会社で契約し、そこに役員を住まわせると、実質的に家賃を経費に出来る

もし自分が賃貸マンションに住んでいたら、それをいったん会社で契約し、それを社宅として役員に貸し出し、実際の家賃よりも安い金額を役員から回収すれば、差額を経費に出来ます。自分で契約していたら丸々自腹になる家賃を、一部経費に出来るということです。


・出張手当を経費に出来る

出張旅費規程をきちんと作成していれば、出張手当を経費に出来ます。

個人事業主なら経費にはなりません。


・決算日を自由に決めることが出来る

自分の仕事のスケジュールや、また顧問税理士の都合に合わせやすくなります(日本では3月決算の会社が多いので、税理士は4月~5月頃に作業が集中し、忙しくなります。他の決算期にすることで税理士に恩を売り、顧問料の値引きの交渉材料にすることも出来るでしょう)


他にも色々ありますが、細かいのでここら辺にしておきましょう。

最新記事

すべて表示

2年前の住民税が還付されることに

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。 住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。 所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。 開業して

東証のシステムダウン

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は証券市場でとんでもないことが起こったようですね。 東証が丸一日取引停止となったとのこと。 原因はよくわかっていないですが、一日取引が出来ないというのはとてもリスクがあります。 「買おうと思っていた株が買えないリスク」ではなく、「売ろうと思っていた株が売れないリスク」の方を心配しないといけません。

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel