会社設立について11


神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


会社を作った後の手続きについて。


まずは税務署への手続きが必要です。

・法人設立届出書

・青色申告承認申請書

・給与等支払事務所等の開設届出書

・源泉徴収の特例申請


そして年金事務所への届け出も必要です。

・健康保険、厚生年金保険新規適用届


自分(役員)以外に従業員がいればハローワークに雇用保険の新規適用届出書なども提出が必要です。私の場合は1人会社なのでこれは不要でした。


また、銀行口座の開設も絶対にしておいてください。

法人口座って、口座を持っているだけで維持費が掛かる(だいたい1,080円/月)ところもありますが、信用金庫なら今のところ維持費は掛からないみたいです。私は日新信用金庫で作成しました。


会計事務所なら、信用金庫が良いかと思います。個人事業主や中小企業、起業をする方は信用金庫を使いますので、「自分は会計士・税理士だ」とか「会計コンサルティングの会社を作った」とか信用金庫の方に言っておけば紹介が来ることもあるらしいので。


あとはクレジットカードも作っておいて方が良いです。

経費精算が楽なのと(freee連携も出来ますし)、立替払いばかりでは、自分の事務所の経費との選別を後から行なっていると疑われそうなので、「最初から会社の経費だ」という意思を明確にするためにもクレジットカードを作り、最初からそちらで払うというのが良いです。


私はfreeeカードを作りました。登記簿謄本なども不要のため、手続きが楽です。

最新記事

すべて表示

2年前の住民税が還付されることに

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。 住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。 所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。 開業して

東証のシステムダウン

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は証券市場でとんでもないことが起こったようですね。 東証が丸一日取引停止となったとのこと。 原因はよくわかっていないですが、一日取引が出来ないというのはとてもリスクがあります。 「買おうと思っていた株が買えないリスク」ではなく、「売ろうと思っていた株が売れないリスク」の方を心配しないといけません。

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel