会計事務所は土日祝に完全に休めるか

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


世間ではワーク・ライフ・バランスを良くしようと盛んに言われていますが、会計事務所は土日祝に完全に休めるのか?


これは時期にもよりますし、役割にもよります。


まず、時期的な問題ですが、1〜3月に完全に土日祝休みはなかなか厳しいと思います。個人の方の確定申告がその時期に集中しているので。


次に、事務所内での役割による違いですが、営業担当でない方は土日祝は普通に休めるでしょう。


営業担当の場合、「土日祝でないと面談できない」という潜在顧客は一定数いらっしゃるので、その場合は土日祝に面談せざるを得なくなり、仕事をする時もあります。


私も12月は意外に日曜日の新規面談が多く、先週と今週の日曜日に1件ずつ面談がありました(どちらも無事に成約となりました!)。


一度面談すれば、あとは資料のやり取りや電話での会話で十分だと思うので、その後は土日祝対応をすることは滅多にありません。


では、土日祝に対応するのが嫌か?と聞かれると、私は全く嫌ではないです。

というのも、自営業になると曜日感覚がほとんど無いから&仕事が普通に楽しいからです。


土日祝に仕事をするのが罰ゲームだというような考えは、そもそも楽しくない仕事をやっているからではないでしょうかね。


今の仕事は自分にピッタリ合っている気がするので、普通に楽しくやっています。


仕事選びは人生の質そのものを決めるんでしょうね。

最新記事

すべて表示

守れないルールは作らない

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 五輪の卓球を観ていて思ったのですが、守れないルールは作らないほうが良いですね。 卓球では叫ばないことがルールになりそう?(なった?)とのことですが、決勝で興奮したらそりゃー叫びますよね。 だからあまり実効性の無いルールづくりはしない方が良いですね。 マスク会食なんて典型的なそれです。 そして、今日は少し腹を立

五輪始まったな〜

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 ソフトボールの快勝で五輪が始まりましたが、テレビは急に五輪の応援にスタンスを変えていっています。 これまで、国民の過半数が反対ということで報じられていましたが、金メダル1号が出てから国民の空気がどうなるかが楽しみです。 政府は「国民なんてバカなんだから金メダルが1つ出たら空気変わるでしょ」と考えているに違いあ

"話半分"で話を聞くべき人

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 自営業になって感じたことは、世の中には基本的に信用ならない人が多いということ。 人間って他人を喜ばせることで快感を得たり、また、見栄を張って自尊心を満たしたりする生き物なので、「この仕事を依頼するつもりです」とか、「こういう人を●●人は紹介できます」などと軽いノリで言って他人を喜ばせようとすることがあります。