会計事務所は土日祝に完全に休めるか

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


世間ではワーク・ライフ・バランスを良くしようと盛んに言われていますが、会計事務所は土日祝に完全に休めるのか?


これは時期にもよりますし、役割にもよります。


まず、時期的な問題ですが、1〜3月に完全に土日祝休みはなかなか厳しいと思います。個人の方の確定申告がその時期に集中しているので。


次に、事務所内での役割による違いですが、営業担当でない方は土日祝は普通に休めるでしょう。


営業担当の場合、「土日祝でないと面談できない」という潜在顧客は一定数いらっしゃるので、その場合は土日祝に面談せざるを得なくなり、仕事をする時もあります。


私も12月は意外に日曜日の新規面談が多く、先週と今週の日曜日に1件ずつ面談がありました(どちらも無事に成約となりました!)。


一度面談すれば、あとは資料のやり取りや電話での会話で十分だと思うので、その後は土日祝対応をすることは滅多にありません。


では、土日祝に対応するのが嫌か?と聞かれると、私は全く嫌ではないです。

というのも、自営業になると曜日感覚がほとんど無いから&仕事が普通に楽しいからです。


土日祝に仕事をするのが罰ゲームだというような考えは、そもそも楽しくない仕事をやっているからではないでしょうかね。


今の仕事は自分にピッタリ合っている気がするので、普通に楽しくやっています。


仕事選びは人生の質そのものを決めるんでしょうね。

最新記事

すべて表示

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 久々の3連休。早く暖かくなってほしいなと思いつつ、全く仕事に関係ない記事を。 以前に、2021年から薄毛対策を始めたということを書いたことがあると思うのですが、8ヶ月くらい経ってかなり成果も出てきたので詳しく書いてみようと思います。 本格的に対策を始めたのは2021年7月20日くらい。 具体的には、病院

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今日で一応、確定申告シーズンが終了となりました! コロナによる個別延長というものはありますが、もともと3/15に照準を合わせてやってきたので、90%以上のお客様は終わっています。 遅い時期に依頼を受けた方や資料の提出が遅い方はもう諦めて4/15ターゲットにします。 かなり長労働時間もしたため、2月上旬と3月の頭