会計士特集

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


週刊ダイヤモンドの特集をようやく読み終えました。


先ずは会計士の特集について。


監査業務による収入が頭打ちになってきているなか、各監査法人は監査業務の単価上昇と非監査業務の拡大に注力しているとのこと。


コロナでリモート監査が増えたこともあいまって、IT投資にコストが掛かるという理由で単価を上げようとしているようです。


顧客にとってメリットが無いのに値上げをしていくというのもどうなんでしょうか。


ただ、今は監査人材が不足しているので、大手に頼めるだけで満足しろという時代かもしれません。

最新記事

すべて表示

インボイス制度

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 首を寝違えたようで、後ろを振り返るのが痛いです。。。 インボイス制度の適用がどんどん近づいてきています。 それよりも先ずは、来年から自分は課税事業者になるので、原則課税か簡易課税かを選択する必要があるので、事業計画を作成しないといけません。 益税を取るためには簡易課税制度を適用するしかないと思いますが、経費の金

兵庫県、またマンボウかよー

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 兵庫県にまたマンボウが適用されるようです。 本当にいい加減にしてほしいですね。 どのような制限になるかわかりませんが、またお酒の提供禁止とかになるんでしょうか。 そろそろ重症者数と死者数を見て判断してほしいものです。

守れないルールは作らない

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 五輪の卓球を観ていて思ったのですが、守れないルールは作らないほうが良いですね。 卓球では叫ばないことがルールになりそう?(なった?)とのことですが、決勝で興奮したらそりゃー叫びますよね。 だからあまり実効性の無いルールづくりはしない方が良いですね。 マスク会食なんて典型的なそれです。 そして、今日は少し腹を立