保険で節税????


おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


今日は保険の話。


よく「保険で節税が出来る」とか言われていますが、本当でしょうか?


先日、お客様から「保険に入りすぎてよくわからなくなっている。FP資格も持っている安田さんなら保険の見直しも出来ますか?」と頼まれ、保険の見直しを提案することに。


正直、保険は私自身1個しか入っておらず(節税のために入った、いつ解約しても返礼率100%以上の積立型保険です)、あまり詳しくはないものの、勉強する良い機会だと思い、お受けすることに。


保険会社は保険料を支払う際の損金性しかアピールせず、「保険料の支払で税金が安くなります」という売り文句で売っていますが、満期を迎えた時や保険事故が起きた時の受取保険金が益金に入ることにはほとんど触れていません。(こんな売り方で良いんでしょうか。消費者〇〇法とかに引っかかるのではないかと思いますが、、、)


満期時に益金算入されることを忘れていると、また「新しい保険に入って損金に落として」を繰り返して、保険から抜け出せなくなりますので注意が必要です。


結局は、保険は利益の繰延効果しかありません。


役員退職金に充当するとか、本当に経営者に何かあった時に、せめて借入金だけでも返せるように生命保険をかけておくとか、保険に入る目的を明確にしておく必要があります。


良い面だけをアピールした売り文句に騙されてはいけません。

最新記事

すべて表示

決算期変更の手続き

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 10月末で決算を迎える自分の法人ですが、次は決算期を12月末にします。 11・12月の2ヶ月だけの決算を一度挟んで、個人と事業年度を合わせます。 決算期変更手続きは思いのほか簡単です。 決算期変更に関する決議(合同会社であれば総社員の同意書)を取り、それを添付して税務署や県、市に届出を出すだけ。 定款に

地銀の凋落は起こるべくして起こった気がする

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 菅内閣になって地銀再編が方針として掲げられていますが、現在、地銀の6割が赤字という異常事態です。 独立開業して以来、地銀の役割がよく分からなくなってきました。 大企業 → メガバンクから融資 中小企業 → 信用金庫から融資 あれ、地銀は?という感じです。 中小企業を設立してすぐに地銀に口座開設の申し込み