出張旅費・日当

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。

今日は月一の高松出張です。

この案件は完全な税理士業務なので、個人で受注しています。

税理士業務以外の業務であれば会社で受注できます。その場合に、出張時に有効活用できるのが出張手当の支給と、出張旅費の定額支給です。

個人だと、仕事を請けている主体と、実際に仕事を行なっている主体が同じ人なので、手当の支給ということはできません。個人事業主が、自分への給料を払えないのと同様です。

他方、会社で請けた仕事の場合、仕事を請けた主体と仕事を行なう主体は別物なので、手当の支給が可能です。

出張手当は常識的な水準に設定する必要があります。

1日当たり1万円となると、かなり高いなぁという印象です。

出張手当は、出張することよって余分に掛かる生活費の補填という意味合いも含まれています。

家でご飯食べたら1食400円で済むのに、外で食べないといけないから1食2,000円かかるとかです。差額が1万円は流石にいかないよなと思われます。

普通の会社だと、1日あたり2,000〜3,000円を支給していて、金払いの良いところだと5,000円を支給しているイメージです。

なので5,000円くらいが上の目安かなと思います。

これは役員・従業員の給与所得にならず、会社側では損金に入るので、節税にはもってこいの制度です。

また新幹線代などの旅費を定額で支給することも可能です。

役員ならグリーン車料金を支給して、実際は自由席に乗るとかもありです。

ただ、これらを利用するには旅費規程の作成が必要ですので、事前に作成してから実施しましょう。

最新記事

すべて表示

守れないルールは作らない

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 五輪の卓球を観ていて思ったのですが、守れないルールは作らないほうが良いですね。 卓球では叫ばないことがルールになりそう?(なった?)とのことですが、決勝で興奮したらそりゃー叫びますよね。 だからあまり実効性の無いルールづくりはしない方が良いですね。 マスク会食なんて典型的なそれです。 そして、今日は少し腹を立

五輪始まったな〜

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 ソフトボールの快勝で五輪が始まりましたが、テレビは急に五輪の応援にスタンスを変えていっています。 これまで、国民の過半数が反対ということで報じられていましたが、金メダル1号が出てから国民の空気がどうなるかが楽しみです。 政府は「国民なんてバカなんだから金メダルが1つ出たら空気変わるでしょ」と考えているに違いあ

"話半分"で話を聞くべき人

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 自営業になって感じたことは、世の中には基本的に信用ならない人が多いということ。 人間って他人を喜ばせることで快感を得たり、また、見栄を張って自尊心を満たしたりする生き物なので、「この仕事を依頼するつもりです」とか、「こういう人を●●人は紹介できます」などと軽いノリで言って他人を喜ばせようとすることがあります。