労働集約型の仕事の限界点

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


労働集約型の仕事とは、、、


美容士・保育・介護・マッサージ・SE・ITエンジニア・設計


などなど。公認会計士や税理士、弁護士なども思いっきり労働集約型の仕事に入ると思います。


労働集約型の仕事ではどうしても時間の切り売りになってしまいます。


どれだけ時給を上げたとしても、他人が人の労働に支払う単価には限界があります。


飛びぬけたスキルを持っていれば異常な高単価も狙えるかもしれませんが、それと同時に営業力も持っていなければ高単価で仕事を得るというのは無理です。


独立開業もしくは起業した人に対して支払う時間当たりの単価は高くても1万円台で、2万円に到達することはなかなか無いと思います。


2万円を超えるには、巨大組織のブランド力などが必要になるためです。

会計士ならBig4の看板です(ただ、日本法人は多額のRoyaltyを払っているので、従業員のポケットには数割しか入っていません)。


なので、労働集約型の仕事で独立し、1人の状態で到達できるのは2,000万円くらいが限界かなと思っています。2,000時間×1万円という計算です。


1人でこれ以上稼ぐには労働時間を増やす or 単価を上げる必要がありますが、年間労働時間が2,000時間を超えるとまあまあしんどい気がしますし、時間単価を1万円以上に上げるのもなかなか難しいです、それぞれの職業について相場というものがあるので。


ITツールに投資し相当な効率化を図ることで、もしくは雇用をせずに一部の業務(領収書のデータ化など)を外注することでまだ上を狙える可能性はあります。

最新記事

すべて表示

半沢直樹、終わりましたね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は半沢直樹の最終回でしたね。 大物政治家を退治するという結末でしたが、最終的には頭取が辞任、大和田も辞めると宣言し、半沢は残ると思われるような終わり方をしました。 サラリーマン社長は「自分の代で問題が出なければそれで良い、退職金さえもらえれば会社の将来のことなどどうでも良い」と考える方が90%だと思

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel