友人に売り込みをすべきかどうか

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


開業するとなると営業を始めることとなりますが、誰に営業をかけるか?ということを考えます。


その中に友人を含めるかどうかは人によって異なると思います。


私は友人には営業をしないことにしています。

厳密に言うと、「友人関係を継続したい友人には営業をしない」が正しいかもしれません。

もともと友人はそれほど多いタイプではなく、数少ない気心許せる友人を失いたくないので(笑)、基本、友人には営業しません。


お金をいただくことになると、その方は友人ではなくなり、取引先になります。


これまで通りの会話は出来なくなりますし、

自分が友人から営業を受けた場合、「次に飲みに行ったらまた売り込まれるんかな~」とか思ってしまいそうで、気が向かなくなると思うからです。


友人から仕事を頼まれた場合は受けますが、自分からは営業しません。

まあ人それぞれのスタンスなので、どちらが良いとは言えませんが。

最新記事

すべて表示

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

意外に大変な9月10月

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 7月決算の法人が2社、8月決算の法人が2社で、9月と10月は意外に大変です。 うち、7月決算の法人1社は契約してから2回目だったのでまだ楽でしたが、1社は5月からの切り替えで、途中まで前の税理士さんがやっていたので、なかなか大変でした。 いざとなればコロナの猶予があるとはいえ、9月末が期限なのでそこは守

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel