収入と幸福度の相関

最終更新: 2020年2月21日

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


収入と幸福度には正の相関関係があるが、あるラインで上昇は止まると言われています。

そのラインは、おおよそ年収700〜800万円です。


これ以上増えても、「お金が増えることによる幸福度の上昇」はほぼ無いそうです。

これはマズローの欲求段階説の下から2つの欲求である"生理的欲求"と"安全欲求"が十分満たされるのが年収700〜800のラインだからだと思います。


世帯の人数や扶養家族の数によっても変わってきそうですが、この700〜800万円説はおそらく独身が対象なのかなと(扶養家族いたらこれだけ稼いでても不安はなくならないでしょうから)。


ここから先は労働時間が増えることによる不幸度の上昇が幸福度の上昇に勝ってしまうのでしょう。


そこから先に伸ばしていくためにはどうしたら良いのでしょうか?自分なら次の点が大事かなと思います。

・好きなことを仕事にする(これが一番大事かなと)

・ビジネスをゲーム感覚でやるようにする(RPGゲームのレベル上げみたいな感覚で)

・常に高い目標を持ち続ける(前も書きましたが、孫正義さん曰く、人生は夢の大きさに概ね比例します)

・レベルの高い人達と付き合って、自分の未熟さを常に意識する(世の中、上には上がいます。下には下もいるので、下しか見なければ「ここで良いか」となってしまいそうです)


東大の教授の言葉で「東大までの人」と「東大からの人」というものがあります。

東大入ることで満足したらそこで人生終わるよという意味だそうです。


仕事も一緒ですね。

最新記事

すべて表示

守れないルールは作らない

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 五輪の卓球を観ていて思ったのですが、守れないルールは作らないほうが良いですね。 卓球では叫ばないことがルールになりそう?(なった?)とのことですが、決勝で興奮したらそりゃー叫びますよね。 だからあまり実効性の無いルールづくりはしない方が良いですね。 マスク会食なんて典型的なそれです。 そして、今日は少し腹を立

五輪始まったな〜

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 ソフトボールの快勝で五輪が始まりましたが、テレビは急に五輪の応援にスタンスを変えていっています。 これまで、国民の過半数が反対ということで報じられていましたが、金メダル1号が出てから国民の空気がどうなるかが楽しみです。 政府は「国民なんてバカなんだから金メダルが1つ出たら空気変わるでしょ」と考えているに違いあ

"話半分"で話を聞くべき人

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 自営業になって感じたことは、世の中には基本的に信用ならない人が多いということ。 人間って他人を喜ばせることで快感を得たり、また、見栄を張って自尊心を満たしたりする生き物なので、「この仕事を依頼するつもりです」とか、「こういう人を●●人は紹介できます」などと軽いノリで言って他人を喜ばせようとすることがあります。