増税前と増税後の損益分岐点(ポイント還元対象店での買い物について)

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


キャッシュレス還元に上限額があることをご存知でしたでしょうか?私は知りませんでした。


今朝、元町商店街のある店で店員さんと会話していたら上限が15,000円だということを教えてくれました。


調べてみると、カード会社によって異なりますが、1か月あたりのポイント還元額は15,000円みたいです。

https://www.watch.impress.co.jp/docs/topic/1207485.html


使うクレジットカードを分けるとか、QR決済も混ぜるとかすれば枠を複数使うことができるので、15,000円以上の還元を受けられると思いますが、1回あたりの買い物で還元額が15,000円を超えるもの(つまり30万円を超えるもの)では、還元ポイントを取り損ねるということです。


では損益分岐点はいくらなのでしょうか?


結論から言うと、810,000円です。

1回あたりの金額でこれ以上の買い物をする場合はポイント還元対象店でも増税前の方がお得になります。


対象になるのは、高級時計や宝石等くらいですかね。

最新記事

すべて表示

大手通信キャリアは戦々恐々ですね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今日から4連休。特に何もイベントは無いので、いつも通りの休日の過ごし方をします。 さて、菅総理になってから、早速「携帯料金を下げさせる」宣言があり、docomo、au、Softbankの3社は戦々恐々でしょう。 ドコモの株価は、ドコモ口座事件もあり、相当下がっています。 よく「格安スマホ」という言葉が使

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel