変なルール作って押し付けるのやめてほしいですよね...

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


まーたお酒に関するわけの分からないルールができたようです。


・2人まで

・90分まで

・19時まで


何か意味あるんだろうかこれ?と思わざるを得ないルールです。


税もそうですけど、行政が意味のないルール設けて、国民に意味のない努力をさせふのはやめさせてほしいですよね。


お酒に絡めて税の具体例で言うと、発泡酒とか第三のビールとかですね。


これらに掛かる酒税は低く設定されており、その基準に乗るようにビールメーカーは必死に研究開発しているわけですが、自分の感覚だと、どう考えても普通のビールの方が美味しいわけで、あんな不味いものを作るために一流の研究者たちが日々頭を使っているわけで...


どう作ってもビールより美味しくならない飲み物の開発に力入れるくらいなら、ビールの美味しさを更に引き上げることに優秀な頭脳を使ってほしいです。


今回のお酒に関するルールについても、それに適合して何とか売上を伸ばそうと涙ぐましい努力を飲食店の人達はするんでしょうけど、そこに何か社会的意義はあるのかなと思ってしまいますね。


その事業者が生き残るという意味ではもちろん意味はあるのですが、社会全体として見た時に意義はあるのかと疑問に思わざるを得ないです。

最新記事

すべて表示

守れないルールは作らない

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 五輪の卓球を観ていて思ったのですが、守れないルールは作らないほうが良いですね。 卓球では叫ばないことがルールになりそう?(なった?)とのことですが、決勝で興奮したらそりゃー叫びますよね。 だからあまり実効性の無いルールづくりはしない方が良いですね。 マスク会食なんて典型的なそれです。 そして、今日は少し腹を立

五輪始まったな〜

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 ソフトボールの快勝で五輪が始まりましたが、テレビは急に五輪の応援にスタンスを変えていっています。 これまで、国民の過半数が反対ということで報じられていましたが、金メダル1号が出てから国民の空気がどうなるかが楽しみです。 政府は「国民なんてバカなんだから金メダルが1つ出たら空気変わるでしょ」と考えているに違いあ

"話半分"で話を聞くべき人

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 自営業になって感じたことは、世の中には基本的に信用ならない人が多いということ。 人間って他人を喜ばせることで快感を得たり、また、見栄を張って自尊心を満たしたりする生き物なので、「この仕事を依頼するつもりです」とか、「こういう人を●●人は紹介できます」などと軽いノリで言って他人を喜ばせようとすることがあります。