大企業と中小企業は平等ではない

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


今日は大企業と中小企業の違いを書いてみたいと思います。


残業単価の計算が大企業と中小企業では異なるということを皆さんはご存知でしたでしょうか?


月60時間までは大企業も中小企業も25%割増で同じなのですが、

60時間を超える残業について、大企業では50%の割増賃金を支払う必要があり、中小企業では25%のままで良いこととなっています。

FP試験の勉強の中で初めて知りましたが、こんな不平等あって良いんだと驚いた覚えがあります。


残業時間の罰則付き上限規制も中小企業は1年遅れでの適用です。


最近、TVCMで「働き方改革を中小企業に押し付けていませんか?」というものを目にしましたが、先に大企業に罰則設けたら、そりゃ「そちらにはまだ罰則無いよね?」ということで押し付けるでしょう。力関係もありますから。


法制度が不平等ですから、そりゃ学生もとりあえず大企業ってなります。

「中小企業にも目を向けて!」というのは甚だ都合の良い話だと思いました。

最新記事

すべて表示

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

意外に大変な9月10月

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 7月決算の法人が2社、8月決算の法人が2社で、9月と10月は意外に大変です。 うち、7月決算の法人1社は契約してから2回目だったのでまだ楽でしたが、1社は5月からの切り替えで、途中まで前の税理士さんがやっていたので、なかなか大変でした。 いざとなればコロナの猶予があるとはいえ、9月末が期限なのでそこは守

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel