大阪都構想が否決

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


昨日大阪市で行なわれた大阪都構想が否決されました。


争点としては、


・二重行政の解消

・住民サービスが低下するかどうか

・コストはどうなるのか


などでした。


二重行政については、既にどちらの議会も大阪維新の会が与党となっており、協力してやっていっているため、現状二重行政はほとんどないとのこと。


住民サービスの低下が最も大きな争点だったかもしれません。

これまでの大阪市の個人住民税・法人住民税は全て大阪府に吸われ、それが旧大阪市のために使われるかどうかが怪しいという点で争っていました。

自分が当事者ならここが最も不安になるでしょう。


コストについては、4つの特別区ができることにより、イニシャルコストで218億円、毎年のランニングコストで30億円のコスト増となるという試算が出ていました。

市役所の役人が謝罪に追い込まれるなど、よくわからない事態となっていました。


今回の大阪での都構想の是非について個人的な意見はありませんが、もし賛成多数となっていたら他府県にもこの流れが来ていたでしょう。


少なくとも神戸市では絶対にやってほしくないです。

と言うのも、兵庫県中央区?ダサすぎますね。神戸という名前は消してほしくないです。

最新記事

すべて表示

起業1年目はとにかく固定費を増やすな!

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 「起業1年目はとにかく固定費を増やすな」と感じる出来事があったのでブログに書くことにしました。 売上が見込めない状況で家賃の高いオフィス、立派な社宅、高い役員報酬、高い従業員給与などは絶対にやってはいけないと思っています。 銀行借入してそれらを払っているようでは更に危険です。 形式的なところは後から整えられま

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経

持続化給付金第2弾

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金の第2弾が始まりそうですね。 月次支援金では、2020年になってから法人化した場合に物凄く不利な取り扱いを受けていましたが、今回はどうなるのやら。 顧問先さんから何件か問い合わせがありましたが、そもそもまだ何も決まっていないので答えようが無く、、、 今回も事前確認はあるようですので、商工会議所に依頼