大阪都構想が否決

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


昨日大阪市で行なわれた大阪都構想が否決されました。


争点としては、


・二重行政の解消

・住民サービスが低下するかどうか

・コストはどうなるのか


などでした。


二重行政については、既にどちらの議会も大阪維新の会が与党となっており、協力してやっていっているため、現状二重行政はほとんどないとのこと。


住民サービスの低下が最も大きな争点だったかもしれません。

これまでの大阪市の個人住民税・法人住民税は全て大阪府に吸われ、それが旧大阪市のために使われるかどうかが怪しいという点で争っていました。

自分が当事者ならここが最も不安になるでしょう。


コストについては、4つの特別区ができることにより、イニシャルコストで218億円、毎年のランニングコストで30億円のコスト増となるという試算が出ていました。

市役所の役人が謝罪に追い込まれるなど、よくわからない事態となっていました。


今回の大阪での都構想の是非について個人的な意見はありませんが、もし賛成多数となっていたら他府県にもこの流れが来ていたでしょう。


少なくとも神戸市では絶対にやってほしくないです。

と言うのも、兵庫県中央区?ダサすぎますね。神戸という名前は消してほしくないです。

最新記事

すべて表示

ブログ更新について

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 ブログ更新ですが、当面更新頻度を下げていこうと思います。 現在、別で取り組んでいるものがありまして、そちらに力を入れていきたいと思っています。 週1もしくは2くらいで更新していこうと思います。 よろしくお願いします!

酒類提供禁止をチャンスに

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 令和の禁酒法が今日からスタート。 お店でお酒が飲めない17日間がスタートしました。 飲食店は協力金をもらうために従うでしょう。なので、お酒を出すお店は無いと思います。 寂しいと嘆いてばかりでは勿体ないので、チャンスに変えてみるのもありですね。 酒類を飲めないのであれば、酒を止めてみようと。 少量の飲酒であれば