契約書の印紙


おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


今日は印紙税について書いてみます。


実は印紙税は税理士が取り扱える税目からは外れています。試験科目にも印紙税はありません。


この印紙税は物凄く納得感の低い税金です。


紙で契約書を作れば印紙税が掛かるが、電子契約書にすれば印紙税はかからないです。


一般的には、契約上のトラブルを防ぐためにも、きちんと紙で契約書を結ぶべきと言われています。もちろん、契約は口頭でも成立しますし、メールでも成立するので、その効力は変わらないと思うのですが、「言った言わない」とか、「送った受け取ってない」の水掛け論になる可能性もあるので、きちんと実印で契約書を結ぶべきだと思います。


単発の方を除き、私はきちんと紙で契約書を結んでいます(代わりに単発の方は前払いにしてもらっています)。


あと、紙の契約書を作るにしても、業務委託契約なら印紙貼らなくていいけど、請負契約なら貼らないといけないというルールがあり、何が業務委託で何が請負なのかという判断が難しいです。


税理士の一般的な顧問契約は、業務委託と請負の混在型だと言えます。


決算書・税務申告書の作成が仕事の完成を約束してるので、請負となります。


年間の顧問報酬総額で収入印紙の金額が変わるのでご注意ください。普通の規模であれば200円になると思います。

最新記事

すべて表示

決算期変更の手続き

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 10月末で決算を迎える自分の法人ですが、次は決算期を12月末にします。 11・12月の2ヶ月だけの決算を一度挟んで、個人と事業年度を合わせます。 決算期変更手続きは思いのほか簡単です。 決算期変更に関する決議(合同会社であれば総社員の同意書)を取り、それを添付して税務署や県、市に届出を出すだけ。 定款に

地銀の凋落は起こるべくして起こった気がする

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 菅内閣になって地銀再編が方針として掲げられていますが、現在、地銀の6割が赤字という異常事態です。 独立開業して以来、地銀の役割がよく分からなくなってきました。 大企業 → メガバンクから融資 中小企業 → 信用金庫から融資 あれ、地銀は?という感じです。 中小企業を設立してすぐに地銀に口座開設の申し込み

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel