契約書は残しておいて欲しいな〜

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


今年は譲渡所得の申告を4名ほど受けています。


いずれも住まなくなった家の土地建物の譲渡です。


たまたまですが、どれも昭和45年くらいに購入したもので、いずれも購入時の契約書が残っていません。


購入時の契約書が残っていない場合、取得価額の算定が非常に困難になります。その場合の対応ですが、


①先ずは契約書を探してもらう

②登記簿で、抵当権が付いている場合、その金額を見る(借入額と一致するので、最低でもそれくらいは払ったであろうと言える)

③仲介した不動産会社に聞く

④登記を依頼した司法書士に聞く

⑤市街地価格指数から逆算する

⑥売却額の5%を取得価額とみなす


などです。


契約書は残しておいた方が良いです。

市街地価格指数が絶対に認められるとも限りませんしね。

最新記事

すべて表示

守れないルールは作らない

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 五輪の卓球を観ていて思ったのですが、守れないルールは作らないほうが良いですね。 卓球では叫ばないことがルールになりそう?(なった?)とのことですが、決勝で興奮したらそりゃー叫びますよね。 だからあまり実効性の無いルールづくりはしない方が良いですね。 マスク会食なんて典型的なそれです。 そして、今日は少し腹を立

五輪始まったな〜

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 ソフトボールの快勝で五輪が始まりましたが、テレビは急に五輪の応援にスタンスを変えていっています。 これまで、国民の過半数が反対ということで報じられていましたが、金メダル1号が出てから国民の空気がどうなるかが楽しみです。 政府は「国民なんてバカなんだから金メダルが1つ出たら空気変わるでしょ」と考えているに違いあ

"話半分"で話を聞くべき人

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 自営業になって感じたことは、世の中には基本的に信用ならない人が多いということ。 人間って他人を喜ばせることで快感を得たり、また、見栄を張って自尊心を満たしたりする生き物なので、「この仕事を依頼するつもりです」とか、「こういう人を●●人は紹介できます」などと軽いノリで言って他人を喜ばせようとすることがあります。