契約書は残しておいて欲しいな〜

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。


今年は譲渡所得の申告を4名ほど受けています。


いずれも住まなくなった家の土地建物の譲渡です。


たまたまですが、どれも昭和45年くらいに購入したもので、いずれも購入時の契約書が残っていません。


購入時の契約書が残っていない場合、取得価額の算定が非常に困難になります。その場合の対応ですが、


①先ずは契約書を探してもらう

②登記簿で、抵当権が付いている場合、その金額を見る(借入額と一致するので、最低でもそれくらいは払ったであろうと言える)

③仲介した不動産会社に聞く

④登記を依頼した司法書士に聞く

⑤市街地価格指数から逆算する

⑥売却額の5%を取得価額とみなす


などです。


契約書は残しておいた方が良いです。

市街地価格指数が絶対に認められるとも限りませんしね。

最新記事

すべて表示

ブログ更新について

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 ブログ更新ですが、当面更新頻度を下げていこうと思います。 現在、別で取り組んでいるものがありまして、そちらに力を入れていきたいと思っています。 週1もしくは2くらいで更新していこうと思います。 よろしくお願いします!

酒類提供禁止をチャンスに

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 令和の禁酒法が今日からスタート。 お店でお酒が飲めない17日間がスタートしました。 飲食店は協力金をもらうために従うでしょう。なので、お酒を出すお店は無いと思います。 寂しいと嘆いてばかりでは勿体ないので、チャンスに変えてみるのもありですね。 酒類を飲めないのであれば、酒を止めてみようと。 少量の飲酒であれば