安倍総理、本当にお疲れ様でした

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


昨日14時頃、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

なんと安倍総理がご自身の体調が優れないことを理由に辞任する意向を固めたと。


そして17時からの記者会見で、ご自身の口から正式に辞任すると発言されました。


「また途中で投げ出すのか」とか「無責任だ」とかいう声も出ていますが、体調はどうしようもない部分があり、コロナ対策のために147日も連続で仕事されていたということですから、仕方ないですよね。批判だけする立場はとにかく楽なんですよね。


7年8か月という長期政権だったので、きっちりと責任は果たされたのではないでしょうか。アベノミクスで株価はそれまでの3倍ほどまで上昇し、雇用も創出。経済が好転したことは誰から見ても否定できません。

最後の消費増税とコロナの影響でアベノミクスの経済効果が吹き飛んだのは非常に残念ですが、、、


それにしても記者会見を見ていましたが、マスコミの質問のレベルが低すぎて本当に呆れましたね。大手マスコミの記者ってこの程度のレベルの人間しかいなんでしょうね。「次期総理は誰を推しますか?」という趣旨の質問を何度もしつこく聞いていましたし。

また、病気で辞めようとしている方に対して「お疲れ様でした」の言葉もないし、人としてどうなの?というレベルです。


問題は次期総理です。

下手すると財務省の言いなり=増税推進派の人間が総理になりますから、更に庶民の生活が苦しくなる可能性があります。

しばらくは日本全体がソワソワした雰囲気になるかもしれません。


とにかく安倍総理、長年の重責お疲れ様でした。

持病をお持ちなのでご自身のコロナ感染にも注意しながら、当面は治療に重きを置きながら業務を行なっていただきたいものです。

最新記事

すべて表示

半沢直樹、終わりましたね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は半沢直樹の最終回でしたね。 大物政治家を退治するという結末でしたが、最終的には頭取が辞任、大和田も辞めると宣言し、半沢は残ると思われるような終わり方をしました。 サラリーマン社長は「自分の代で問題が出なければそれで良い、退職金さえもらえれば会社の将来のことなどどうでも良い」と考える方が90%だと思

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel