安倍総理、本当にお疲れ様でした

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


昨日14時頃、衝撃的なニュースが飛び込んできました。

なんと安倍総理がご自身の体調が優れないことを理由に辞任する意向を固めたと。


そして17時からの記者会見で、ご自身の口から正式に辞任すると発言されました。


「また途中で投げ出すのか」とか「無責任だ」とかいう声も出ていますが、体調はどうしようもない部分があり、コロナ対策のために147日も連続で仕事されていたということですから、仕方ないですよね。批判だけする立場はとにかく楽なんですよね。


7年8か月という長期政権だったので、きっちりと責任は果たされたのではないでしょうか。アベノミクスで株価はそれまでの3倍ほどまで上昇し、雇用も創出。経済が好転したことは誰から見ても否定できません。

最後の消費増税とコロナの影響でアベノミクスの経済効果が吹き飛んだのは非常に残念ですが、、、


それにしても記者会見を見ていましたが、マスコミの質問のレベルが低すぎて本当に呆れましたね。大手マスコミの記者ってこの程度のレベルの人間しかいなんでしょうね。「次期総理は誰を推しますか?」という趣旨の質問を何度もしつこく聞いていましたし。

また、病気で辞めようとしている方に対して「お疲れ様でした」の言葉もないし、人としてどうなの?というレベルです。


問題は次期総理です。

下手すると財務省の言いなり=増税推進派の人間が総理になりますから、更に庶民の生活が苦しくなる可能性があります。

しばらくは日本全体がソワソワした雰囲気になるかもしれません。


とにかく安倍総理、長年の重責お疲れ様でした。

持病をお持ちなのでご自身のコロナ感染にも注意しながら、当面は治療に重きを置きながら業務を行なっていただきたいものです。

最新記事

すべて表示

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経

持続化給付金第2弾

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金の第2弾が始まりそうですね。 月次支援金では、2020年になってから法人化した場合に物凄く不利な取り扱いを受けていましたが、今回はどうなるのやら。 顧問先さんから何件か問い合わせがありましたが、そもそもまだ何も決まっていないので答えようが無く、、、 今回も事前確認はあるようですので、商工会議所に依頼

10万円給付

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 18歳以下の子供に対して1人当たり10万円給付がほぼ決定したようです。 ただし、所得制限有りとのこと。 子どものいない我が家には全く関係ない話で、最初から興味も無かったのですが、けっこう疑問だらけの給付金ですよね。 まず18歳は大人という扱いに変わっているので、子ども救済の趣旨であれば17歳以下にする必要があり