定額給付金の再支給なるか

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


1人10万円の特別定額給付金が6月頃に配られましたが、これが再度支給される可能性があるというニュースで出てきています。


今回は1人5万円でという形で、自民党内から要望書が出ているようですが、5万円配るんじゃなくて、消費税をその分下げてくれないかなと思います。


・いったん集めて配る → 配る主体に権力が生まれ、支持率も上がる。再分配のコストが掛かるため、どこに配らせるかの選定権(持続化給付金の際の電通やサービスデザイン推進協議会等)などで利権が生じやすい。


・減税 → コストはほぼ無いし、利権は生じず、再分配のコストもいらない。支持率は上がる。


どう考えても減税の方が効率的なので、早く減税に舵を切っていただきたいです。

最新記事

すべて表示

ブログ更新について

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 ブログ更新ですが、当面更新頻度を下げていこうと思います。 現在、別で取り組んでいるものがありまして、そちらに力を入れていきたいと思っています。 週1もしくは2くらいで更新していこうと思います。 よろしくお願いします!

酒類提供禁止をチャンスに

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 令和の禁酒法が今日からスタート。 お店でお酒が飲めない17日間がスタートしました。 飲食店は協力金をもらうために従うでしょう。なので、お酒を出すお店は無いと思います。 寂しいと嘆いてばかりでは勿体ないので、チャンスに変えてみるのもありですね。 酒類を飲めないのであれば、酒を止めてみようと。 少量の飲酒であれば