将来性のある業界


こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


先日、地銀の一つである東邦銀行が副業を解禁したというニュースが流れましたが、本日のYahooニュースでみずほFGまでもが副業解禁すると流れていました。


銀行業はAIの登場で将来性が無いとか、その中でも地銀は特にヤバイとか言われています。

実際、株式市場の地銀への評価は著しく低く、低PBR銘柄(株価純資産倍率の値が小さい銘柄→成長性が見込めないと思われている銘柄です)ランキングでは、上位のほとんどを地銀が占めています。


将来性が無いとなると、固定費を増やすわけにはいかないので給料を上げることも出来ないし、リストラもしないといけない(既にメガバンクは配置転換・人員削減を公表しています)となります。


昔は超安定と思われていた銀行員という職業ですが、20~30年で様変わりしてしまいました。


どの業界が将来性あるかとか、先が読めないですね。

もう安定という言葉は公務員にしか使えないのかもしれません。

最新記事

すべて表示

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

意外に大変な9月10月

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 7月決算の法人が2社、8月決算の法人が2社で、9月と10月は意外に大変です。 うち、7月決算の法人1社は契約してから2回目だったのでまだ楽でしたが、1社は5月からの切り替えで、途中まで前の税理士さんがやっていたので、なかなか大変でした。 いざとなればコロナの猶予があるとはいえ、9月末が期限なのでそこは守

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel