常に空き時間は持っておきたい

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


繁忙期でも、ある程度の空き時間は持っておきたいものです。


1人で出来る作業であれば、最悪土日を潰せば何とかなります。

ですが、平日にアポが入りまくっていて、もうこれ以上打ち合わせを入れる隙間もないという状態にしてしまうと、新規のお客さんとの面談時間が確保できず、ビジネスチャンスを逃してしまいます。


今日、法人の単発申告のお客様を獲得しましたが、2月下旬と言えば個人の確定申告真っただ中です。こんな時期に法人の申告を受けられるなんて暇なのかな?と思われているかもしれませんが、どんなに繁忙期でも多少の時間は空けておくように心がけていました。


「貧乏暇なし」という言葉がありますが、これはけっこう当たっているんじゃないかと思います。「忙しい」と思うだけで何となく「仕事している感」を得られてしまいますが、本当に利益を生み出しているかどうかは「仕事している感」とは関係ないし、むしろ新しいビジネスチャンスを逃してしまうのではないかと。


なので、「忙しい」とは思わないように、かつ、言わないようにしています。

最新記事

すべて表示

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経

持続化給付金第2弾

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金の第2弾が始まりそうですね。 月次支援金では、2020年になってから法人化した場合に物凄く不利な取り扱いを受けていましたが、今回はどうなるのやら。 顧問先さんから何件か問い合わせがありましたが、そもそもまだ何も決まっていないので答えようが無く、、、 今回も事前確認はあるようですので、商工会議所に依頼

10万円給付

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 18歳以下の子供に対して1人当たり10万円給付がほぼ決定したようです。 ただし、所得制限有りとのこと。 子どものいない我が家には全く関係ない話で、最初から興味も無かったのですが、けっこう疑問だらけの給付金ですよね。 まず18歳は大人という扱いに変わっているので、子ども救済の趣旨であれば17歳以下にする必要があり