年収1,000万円の手取は20年で80万円も減っていたらしい

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


今年から給与所得控除の減額が行なわれました。

大半の人は影響がありませんが、年収850万円以上の方は増税となります。


皆が憧れる年収1,000万円。ですが、手取りは720万円です。

月平均にすると60万円。


20年前は手取800万円だったようです。

社会保険料の値上げがすごい。。。


年収1,000万円を超えたからと言って高級タワーマンションに住み家賃20万円を支払い、1,000万円の高級外車を購入し、、、などしていたら全くお金は残りません。


自己投資は必要ですが、どれだけ収入が増えてもベースの生活水準は変えないこと。

これが鉄則ですね。

最新記事

すべて表示

インボイス制度

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 首を寝違えたようで、後ろを振り返るのが痛いです。。。 インボイス制度の適用がどんどん近づいてきています。 それよりも先ずは、来年から自分は課税事業者になるので、原則課税か簡易課税かを選択する必要があるので、事業計画を作成しないといけません。 益税を取るためには簡易課税制度を適用するしかないと思いますが、経費の金

兵庫県、またマンボウかよー

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 兵庫県にまたマンボウが適用されるようです。 本当にいい加減にしてほしいですね。 どのような制限になるかわかりませんが、またお酒の提供禁止とかになるんでしょうか。 そろそろ重症者数と死者数を見て判断してほしいものです。

守れないルールは作らない

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 五輪の卓球を観ていて思ったのですが、守れないルールは作らないほうが良いですね。 卓球では叫ばないことがルールになりそう?(なった?)とのことですが、決勝で興奮したらそりゃー叫びますよね。 だからあまり実効性の無いルールづくりはしない方が良いですね。 マスク会食なんて典型的なそれです。 そして、今日は少し腹を立