年始の連休とか自営業には関係ない

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


来年の正月休みを1月11日まで伸ばしてはどうか?とか言われていますが、何を言っているんでしょうかね。。。11月になろうとしている今頃言い出して、実現できると思っているのでしょうか。


しかも”強制”ではなく”要請”ですから、「空気読んでね。さもないと”休暇警察”からオフィスに投石されても知らないよ」と言っているように私は聞こえます。


最近、雇用主に色々な責任を押し付けすぎていて、これって雇用には逆効果なんじゃないかと思ってしまいます。


人を雇用すると、、、

・厚生年金

・健康保険

・雇用保険

・労災保険

・源泉徴収や年末調整の事務

・給料には消費税が掛かっていないことになっているので、仕入税額控除を取れない

・有給休暇を与えないといけない

・ハラスメントリスクに注意しないといけない


などのデメリットがあります。

これらのデメリットを受けてでも雇用を生み出している中小企業の経営者は世間一般(特に雇われる側の人)が思っているよりも立派です。


「経営者は従業員から搾取している」ということを言う人が多いですが、搾取している経営者なんてほとんどいないのではないでしょうか。

上記のようなデメリットを受けている以上、普通の経営ではそれほど利益は出ません。


今のままだと正社員雇用という商慣習は無くなり、ほとんどが外注業者扱いのようになる日も近いかもしれないと本気で思っています。

最新記事

すべて表示

起業1年目はとにかく固定費を増やすな!

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 「起業1年目はとにかく固定費を増やすな」と感じる出来事があったのでブログに書くことにしました。 売上が見込めない状況で家賃の高いオフィス、立派な社宅、高い役員報酬、高い従業員給与などは絶対にやってはいけないと思っています。 銀行借入してそれらを払っているようでは更に危険です。 形式的なところは後から整えられま

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経

持続化給付金第2弾

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金の第2弾が始まりそうですね。 月次支援金では、2020年になってから法人化した場合に物凄く不利な取り扱いを受けていましたが、今回はどうなるのやら。 顧問先さんから何件か問い合わせがありましたが、そもそもまだ何も決まっていないので答えようが無く、、、 今回も事前確認はあるようですので、商工会議所に依頼