年計売上高

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


昨日軽く触れた『経営計画は利益を最初に決めなさい』の中に書かれていた指標の一つで”年計売上高”という指標が面白いと思ったのでご紹介します。


多くの会社では月商額を棒グラフにして管理していますが、その月商額が月・年度により大きく変動するので、それらのグラフは激しく上下して、その表からは何も読み取ることができません。グラフは一目で状況を読めるものでなくては意味が無いため、もっと良い指標で判断すべきです。


そこで出てくるのが”年計売上高”。

その月を含む過去12ヶ月の売上高を累計した12ヶ月分の数値を”年計売上高”と呼びます。


年計売上高だと、前年同期よりも増えていたら前月よりも数字としては大きくなります。

その年計売上高を折れ線グラフにすると、ここ最近の売上高の増減の動きが瞬時に分かります。


昨日、自分の年計売上高を作ってみましたが、会計事務所の経営だと、まずはこれさえ見ておけば良いかなと思っています。

直接原価が無く、固定費が月に数万円程度のため、売上の増減≒利益の増減

となっているためです。


労働集約型の仕事だと年計売上高を一つの経営指標にしてみてはいかがでしょうか。

詳しくはこちら。

https://gentosha-go.com/articles/-/10903


従業員を雇うとまた変わってくるのでしょうけど。

最新記事

すべて表示

そろそろ口座振替もありか

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今日で9月も終わり。 だいぶ涼しくなりましたね、朝晩は寒いくらいです。 月末と言えば請求書の送付。 件数も増えてきたので口座振替もありかなと思うようになってきました。 税理士会が提携している業者さんが口座振替のセールスをよくしてくるのですが、そろそろ真面目に考えるか、、、 ただ、請求書はどちらにせよ作る

8月に女性の自殺者が前年比1.4倍と急増したようです

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 ここ最近、有名人の突然の訃報が流れてくることが多くなりました。 公式に自殺と断定されているわけではないですが、おそらく自殺でしょう。 2020年8月は、2019年8月に比べて女性の自殺者が4割増加という、非常に危機的状況になっています。 なぜ男性は増えず女性だけ増えているのでしょうか? おそらくですが、

半沢直樹、終わりましたね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 昨日は半沢直樹の最終回でしたね。 大物政治家を退治するという結末でしたが、最終的には頭取が辞任、大和田も辞めると宣言し、半沢は残ると思われるような終わり方をしました。 サラリーマン社長は「自分の代で問題が出なければそれで良い、退職金さえもらえれば会社の将来のことなどどうでも良い」と考える方が90%だと思

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel