愚痴を言わなくなったらしい

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


この前、妻に言われて「確かにそうだな」と思ったのが、最近自分が愚痴を言うことが全くなくなったということ。


確かに、自営業になってから、基本的には全て自分でコントロールできる環境にいるので、愚痴を言う対象がありません。


ただ、後悔することはあります。

「もうちょっとこういう提案をすればよかったな」とか「あの仕事受けなければ良かったな」とか。やっていること全てが自己責任になっているので、仮に失敗すれば全て自分のせいです。というか責任を押し付ける相手がいないので自然とそうなります。


仮に従業員が出来て、その従業員が何か大きな失敗をしたとしても「あいつを雇った自分が悪い」と考えるでしょう。


愚痴というのは、自分がコントロールできないことに対して、もしくは交渉することが嫌なことについて、はけ口が無い不満を黙って聞いてくれる人に対して一歩的にぶちまけているだけらしいですね。聞かされる方はたまったものではありませんけど。


愚痴の対象となる事象への対処法は以下の3つらしいです。

 ①環境を変える

 ②交渉する

 ③受け入れる


会社員の場合、①だと転職、②だと給料アップの交渉(ワンマン経営の会社でしか通用しませんけど)、③だとその事象を気にしないようにして諦めて別の事に精を出す などでしょうか。


前向きな話が出来て、お互い高め合える方と仲良くするのが良さそうですね。

最新記事

すべて表示

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

意外に大変な9月10月

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 7月決算の法人が2社、8月決算の法人が2社で、9月と10月は意外に大変です。 うち、7月決算の法人1社は契約してから2回目だったのでまだ楽でしたが、1社は5月からの切り替えで、途中まで前の税理士さんがやっていたので、なかなか大変でした。 いざとなればコロナの猶予があるとはいえ、9月末が期限なのでそこは守

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel