top of page
  • 安田 亮

手数料の補償と非課税所得

おはようございます!代表の安田です。


金融機関間のシステム障害により発生した追加手数料の補償とその税務上の取り扱いについて、事業者や個人が注意すべきポイントを解説します。


<手数料補償の非課税所得>

金融機関が障害やシステムエラーなどによって生じた損害(手数料や遅延損害金)を補償する場合、その補償金は一般的に非課税所得とされます。具体的には、事故や不法行為などによる突発的な損害の補償と同じ扱いを受けます。


<事業所得者の場合の取り扱い>

個人事業主など事業所得者が受け取る手数料の補償金については、その金額が必要経費として計上されている場合、非課税所得からは除外されます。たとえば、事業主が支払った手数料が7万円で、そのうち2万円が補償された場合、この2万円は事業収入として計上する必要があります。これにより、正確な所得計算が保証されます。


<実務上の注意点>

補償金の正確な記録

補償された金額を正確に記録し、必要経費として計上した金額と一致させることが重要です。


税務申告の正確性

収入金額に補償金を含める場合、適切な税務申告を行なうことで、後日の税務調査で問題が生じないようにする必要があります。


非課税所得の判定

非課税所得に該当しない場合でも誤って非課税と判断してしまうリスクを避けるため、税務の専門家である税理士に相談することが望ましいです。

神戸 税理士 確定申告 顧問契約 会社設立 freee

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page