持続化給付金の申請スタート!

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


今日から持続化給付金の申請が始まりました。

顧問先の方の申請をサポートしているのですが、早速1社目の申請を終えました!



感想は、、、メチャクチャ簡単です。意外に手軽にできて、きちんと準備しておけば10分もあれば完了します。

書類の準備さえ出来れば誰でも申請できると思います。


ただ、書類の分け方をミスりました。


事前に法人のお客さんには、、、


①メール詳細

②別表1

③概況書1ページ目

④概況書2ページ目


を1セットにしたPDFファイルをお送りしたのですが、①と②は1セットで、③と④はそれぞれ1ページずつのファイルにしてアップロードしないといけませんでした。


個人事業主の方のサポートも11時からやるので、そこでもファイルの分割で問題が出そうです。


顧問先の方に同じ形式で事前に資料送っているのですが、ご自身でPDFファイルの分割をできない方はまたこっちでしてあげないといけません。



ちなみに法人の方は、法人番号を入力すれば会社名や本店所在地は自動で入力される仕組みになっており、突貫工事で作ったシステムにしては便利だなと感じました。


公務員の方々、お疲れさまでした。スムーズに申請できそうです。


公務員を叩く人が多いですが、きちんと仕事をしている方も多いはず。

感謝の気持ちは忘れないようにします。


久々に明るい記事を書いた気がします(笑)

最新記事

すべて表示

決算期変更の手続き

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 10月末で決算を迎える自分の法人ですが、次は決算期を12月末にします。 11・12月の2ヶ月だけの決算を一度挟んで、個人と事業年度を合わせます。 決算期変更手続きは思いのほか簡単です。 決算期変更に関する決議(合同会社であれば総社員の同意書)を取り、それを添付して税務署や県、市に届出を出すだけ。 定款に

2年前の住民税が還付されることに

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 神戸市から手紙が届き、なぜか2018年分の住民税が還付されることになりました。 住宅ローン控除の適用がきちんとできていなかったようで、34,000円ほど還付されます。 所得税で控除しきれなかった住宅ローン控除額は、一定額を限度に住民税から控除できるのですが、その計算を市が間違っていたようです。 開業して

地銀の凋落は起こるべくして起こった気がする

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 菅内閣になって地銀再編が方針として掲げられていますが、現在、地銀の6割が赤字という異常事態です。 独立開業して以来、地銀の役割がよく分からなくなってきました。 大企業 → メガバンクから融資 中小企業 → 信用金庫から融資 あれ、地銀は?という感じです。 中小企業を設立してすぐに地銀に口座開設の申し込み

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel