top of page
  • 安田 亮

振替納税とダイレクト納付の活用

おはようございます!代表の安田です。


キャッシュレス化が進む中、国税の納付方法も便利で効率的なオプションが拡充しています。


特に振替納税とダイレクト納付は、その手軽さから多くの事業者に利用されています。これらの方法の違いと具体的な適用条件を理解することが重要です。


<振替納税の概要>

振替納税は、納税者が税務署や指定した金融機関に口座振替依頼書を提出し、指定した日に納税額が口座から自動的に引き落とされる方式です。

個人事業主の所得税や消費税に適用されますが、一度手続きを行なうと、変更がない限り自動的に継続されるため、非常に便利です。


<ダイレクト納付の概要>

ダイレクト納付は、振替納税と同じく口座から直接税金を納付する方法ですが、こちらは全税目に対応しており、納付日を即時または指定日に設定できる柔軟性が特徴です。利用開始にはダイレクト納付利用届出書の提出が必要です。


<各方法のメリットと注意点>

振替納税

メリット:手続き後は自動的に納税が行われ、毎回の手続きが不要。

注意点:振替日に口座残高が不足していると、納税が行われず延滞税が発生する可能性があります。


ダイレクト納付

メリット:納付日の指定が可能で、e-Taxを通じての手続きが容易。

注意点:納付失敗時には即座に通知がされるため、納税者は迅速な対応が求められます。


<新機能「自動ダイレクト」>

2024年4月から導入された「自動ダイレクト」機能は、e-Taxの申告データ送信と同時にダイレクト納付が行なえる便利な機能です。ただし、初期の適用期間には納付額に上限が設けられており、段階的にその限度額が拡大される予定です。



神戸 税理士 確定申告 顧問契約 会社設立 freee

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page