携帯料金値下げとかマジでどうでも良いからきちんと経済対策してほしい

更新日:2020年12月2日

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


ドコモが値下げに応じるというニュースが流れてきましたが、これを嬉しいとか言っているユーザーの蓄財力は異常に低いです。携帯料金を安くして、お金が少し浮いたところでどうせ浪費に回るのでお金は貯まらないでしょう。


大手キャリアに値下げを促す一番の圧力は格安スマホに乗り換えることです。

格安スマホへの流出が止まらなくなると大手も値下げせざるを得なくなるので。


日本の携帯料金が高すぎることには同意しますが、既に何年も前から格安Simというものはありました。安田家は2015年に楽天モバイルに変えてから、スマホ料金は夫婦で月額3,500~4,000円程度です。


高所得者ほど格安Simを使っている統計があります。

裏を返せば、低所得者は盲目的に大手キャリアの養分になっているということです。


大手キャリアを使っている人の通信費はどこに流れているかというと、その多くは広告宣伝費に流れているでしょう。電通や芸能事務所及び芸能人(ソフトバンクのCMに出ている上戸彩など)やテレビ局などにお金を払っているのと同じです。


携帯料金下げるくらいで景気は良くなりません。

むしろ今まで馬鹿高い料金を払っていた層が何の努力もせずにお金を得ることになるので、


コロナの煽りを受けている事業者の方々に手厚い支援をしていただきたいです。

携帯料金下げても自殺者は減らないでしょうしね。

最新記事

すべて表示

楽天モバイルのアプリが不便過ぎて乗り換えを検討しました

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 楽天モバイルの電話アプリである楽天LINKが本当に不便すぎて、docomoなどの3大キャリアに乗り換えようかなと考えています。 楽天LINKというのはデータ回線を使った電話アプリで、言ってしまえばラインやSkypeと同じようなものです。 ですが、電話番号から発信できることから、普通の電話として利用でき、通話料

起業1年目はとにかく固定費を増やすな!

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 「起業1年目はとにかく固定費を増やすな」と感じる出来事があったのでブログに書くことにしました。 売上が見込めない状況で家賃の高いオフィス、立派な社宅、高い役員報酬、高い従業員給与などは絶対にやってはいけないと思っています。 銀行借入してそれらを払っているようでは更に危険です。 形式的なところは後から整えられま

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経