日本で高確率でそこそこの小金持ちになる方法

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


日本でそこそこの小金持ちになる方法として、最も確度が高いのは、


・夫婦共働きであること

・二人とも大企業もしくは公務員など、上級事務職についていること


だと思います。


そこそこの大企業に勤めていれば、30歳で500万円、40歳で800万円くらいの給与収入は少なくとも入ってきますので、順調に行けば、40歳で世帯年収2,000万円も夢ではないわけです。


これを最も簡単に実現することは、偏差値の高い大学に行き、そこで結婚相手を見つけることです。


高偏差値の大学に行けば、そこそこの大企業には入れますので、二人とも大企業に入ればパワーカップルの誕生です。


この年になると色んな人と関わってきて、色んな夫婦に出会ってきましたが、やはり結婚相手はお互い同じような属性の層になる傾向が強いです。


その人が大卒であれば結婚相手も大卒、その人が高卒であれば相手も高卒になります。


年収の層も近くなるでしょう。

年収の高い人と結婚したければ、高偏差値の大学に行き、自分の年収も上げることですね。


婚活サイトに登録してから高年収の人と結婚したいと言い出しても、「時既に遅し」だと思います。


「大学なんて行かなくて良い」と言って、自分の運営するオンラインサロンとかプログラミングスクールに入れようとしているYouTuberを何人か見かけますが、「自分が大学行った上で今のポジションを築いているくせによくそんなこと言えるな」と思いますね。


真に受けないようにしましょう。

今の日本だと、大学に行けるなら行っておいた方が人生は絶対に楽です。

20年後は分かりませんが、少なくとも10年後まではそう言い切れるでしょう。

最新記事

すべて表示

楽天モバイルのアプリが不便過ぎて乗り換えを検討しました

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 楽天モバイルの電話アプリである楽天LINKが本当に不便すぎて、docomoなどの3大キャリアに乗り換えようかなと考えています。 楽天LINKというのはデータ回線を使った電話アプリで、言ってしまえばラインやSkypeと同じようなものです。 ですが、電話番号から発信できることから、普通の電話として利用でき、通話料

起業1年目はとにかく固定費を増やすな!

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 「起業1年目はとにかく固定費を増やすな」と感じる出来事があったのでブログに書くことにしました。 売上が見込めない状況で家賃の高いオフィス、立派な社宅、高い役員報酬、高い従業員給与などは絶対にやってはいけないと思っています。 銀行借入してそれらを払っているようでは更に危険です。 形式的なところは後から整えられま

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経