月内のペース配分


おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


会計事務所の仕事サイクルは基本的に1ヶ月単位で回っています。


試算表の作成が1ヶ月単位ですので、記帳代行業務を受けている方からは、月初めに前月のレシート等が届いて入力していきます。


チェックだけのお客様は、月半ばくらいにチェックをして結果を返していきます。


後半はスポットで受けた業務をこなしたり、受注活動をしてみたりと、将来のための活動をしているといった感じです。


やらないといけないことを早い段階で終わらせて、身を軽くしたうえで次の仕事を生む活動に移行していっています。なので、月初の方が”作業”をしている時間は長いです。


普通の会社の経理でも一緒ですね。

1週目で月次決算して、残りは業務改善活動をしたりといった感じかと。

最新記事

すべて表示

頑張らない人の方が得する制度は止めた方が良い

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金にしろ、家賃支援給付金にしろ、売上が50%以上減の場合に支給されます。 この条件を満たすためにあえて休業している事業者もいるようです。 これについては別に責められることではないと思います。 「どうせお店開けても大してお客さん来ないし、アルバイトの人件費がかさむから休業しよう」と考えるのもいた

意外に大変な9月10月

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 7月決算の法人が2社、8月決算の法人が2社で、9月と10月は意外に大変です。 うち、7月決算の法人1社は契約してから2回目だったのでまだ楽でしたが、1社は5月からの切り替えで、途中まで前の税理士さんがやっていたので、なかなか大変でした。 いざとなればコロナの猶予があるとはいえ、9月末が期限なのでそこは守

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel