来年からスタッフを採用することになりました

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


来年1月からスタッフを採用することになりました。


計画はずっとしていたのですが、9月頃に決断し、10月に採用が決定しました。


採用に至った背景としては、、、


・1人事務所でのキャパの限界が見えつつあること

以前から言っていた一人での年商限界値にはほぼ到達し、到達したものの正直まだ余裕はあるなと感じているのですが、これ以上仕事を増やした段階で採用したとしても、教える時間が無くなったり、そもそも採用やオフィスの準備などにも時間を割けない可能性もあることから、今こそがチャンスだと思い採用に至りました



・売上を伸ばすには「売上確保よりも人材確保が先である」ため

”売上が先か、人材が先か”という問題があります。

先に売上を確保しておいてその仕事に人を充てるのか、先に人を確保しておいてその人のやる仕事を後から確保するのか?どちらの考えもあると思いますが、売上を確保してから人を採用するのでは全てが後手後手に回ってしまう気がしました。



採用する時点では、一時的に自分の取り分は減ります。

ただ、それはいつかは訪れるイベントであり、それをいつ経験するか?だけの問題となります。


チェアを2つ買ったのも、自分用とスタッフ用です。


法人名義での社宅契約や採用の流れなど、採用するに当たって色々と勉強になることもあったのでまた書いてみようと思います。

最新記事

すべて表示

インボイス制度

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 首を寝違えたようで、後ろを振り返るのが痛いです。。。 インボイス制度の適用がどんどん近づいてきています。 それよりも先ずは、来年から自分は課税事業者になるので、原則課税か簡易課税かを選択する必要があるので、事業計画を作成しないといけません。 益税を取るためには簡易課税制度を適用するしかないと思いますが、経費の金

兵庫県、またマンボウかよー

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 兵庫県にまたマンボウが適用されるようです。 本当にいい加減にしてほしいですね。 どのような制限になるかわかりませんが、またお酒の提供禁止とかになるんでしょうか。 そろそろ重症者数と死者数を見て判断してほしいものです。

守れないルールは作らない

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。 五輪の卓球を観ていて思ったのですが、守れないルールは作らないほうが良いですね。 卓球では叫ばないことがルールになりそう?(なった?)とのことですが、決勝で興奮したらそりゃー叫びますよね。 だからあまり実効性の無いルールづくりはしない方が良いですね。 マスク会食なんて典型的なそれです。 そして、今日は少し腹を立