東京一極集中を止めないと日本沈没が止まらない気がする

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。


コロナの影響により在宅勤務が一時的に広がりましたが、経済再開により”なし崩し出社”が強要される人が増えているようです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e6f0d9abd351f1e4c862aaaaa645fd44ba2360d


今後、日本で在宅勤務が定着するかどうか、非常に怪しいですね。



さて、今後、日本が繁栄するには東京一極集中を止めないといけない気がします。

大阪・名古屋・福岡にある程度、経済的機能を分散しないと日本全体が衰退するような気がします。


東京一極集中には以下のようなデメリットがあります。


・地方では人口が減り、地方経済が衰退する

・東京が人口過剰になり、人々が疲弊する

・東京に巨大地震等の災害が起きた場合、色々な機能が停止する


これからは在宅勤務推奨の会社に勤め、大都市から電車で1時間程度の街の、それほど高くない家賃の家に住み、週1回か2回出社するくらいが一番幸せ(というか快適)な人生になると思います。


満員電車に乗って毎日会社に出勤するのはもう時代遅れですよね。


そう考えると、神戸はとても快適な場所です。

適度に人がいて、適度に店があり、家賃もそれほど高くない。


もっと神戸の経済が盛り上がれば良いなと思います。

最新記事

すべて表示

今後の方針

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 またしばらく更新が出来ていませんでしたが、来年以降の事務所の方針をある程度決めました。 一番に掲げるのは「認定支援機関業務の拡大」です。 一昨日ですが、経営革新等支援機関推進協議会というものに加入しました。 これは株式会社F&Mという上場企業が運営している、主に税理士・会計士・中小企業診断士向けのサービスで、経

持続化給付金第2弾

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 持続化給付金の第2弾が始まりそうですね。 月次支援金では、2020年になってから法人化した場合に物凄く不利な取り扱いを受けていましたが、今回はどうなるのやら。 顧問先さんから何件か問い合わせがありましたが、そもそもまだ何も決まっていないので答えようが無く、、、 今回も事前確認はあるようですので、商工会議所に依頼

10万円給付

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 18歳以下の子供に対して1人当たり10万円給付がほぼ決定したようです。 ただし、所得制限有りとのこと。 子どものいない我が家には全く関係ない話で、最初から興味も無かったのですが、けっこう疑問だらけの給付金ですよね。 まず18歳は大人という扱いに変わっているので、子ども救済の趣旨であれば17歳以下にする必要があり