株式投資(その4)


おはようございます、神戸市中央区の若手公認会計士・税理士の安田です。


株式投資の4回目です。


「まずは何かの銘柄に投資しろと言うが、何に投資すれば良いんだ」と思われたかと思います。


最初に購入するのにお勧めなのが大型銘柄です。


大型銘柄とは、誰でも知っているような大企業のことです。

たとえば、トヨタ、キャノン、三菱商事、東レ、新日鉄住金、JX、日立、パナソニック、ソニー、、、、挙げればきりがありませんが、超有名企業ということです。


これらの銘柄の特徴としては、、、


・株価の値動きが激しくない(発行済株式数が多く、株主数も非常に多いため、1投資家の“仕掛け”程度では簡単には株価が動かない。そのためリスクが低い)


・取引が活発に行なわれており、売りたい時にいつでも売れる


・株価が下落したとしても、いつかは戻る可能性が高い(大企業なので倒産するリスクも小さいし、一度業績が悪化しても、また業績が戻ることが多い)


・経済指標に素直に連動してくれる(小型株だと、1つのニュースに物凄い反応をします)

以上の特徴から、初心者が株式投資を学ぶにはピッタリです。


仮に値上がりしたとすると、「なんで上がったんだろう?」と考えてみてください。


たとえば、輸出企業の代表である自動車メーカーの株価が上がって、その理由を調べたら、「為替が円安に動いたからだ」とか「アメリカが関税を断念したからだ」などのニュースが出てきます。


そうやって少しずつ覚えていってください。


毎日見ていると、少しずつその銘柄の特徴が分かってきます。同じ業界の銘柄もほぼ同じ値動きをしていると思います。

最新記事

すべて表示

大手通信キャリアは戦々恐々ですね

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今日から4連休。特に何もイベントは無いので、いつも通りの休日の過ごし方をします。 さて、菅総理になってから、早速「携帯料金を下げさせる」宣言があり、docomo、au、Softbankの3社は戦々恐々でしょう。 ドコモの株価は、ドコモ口座事件もあり、相当下がっています。 よく「格安スマホ」という言葉が使

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel