決算の準備

こんばんは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の、若手公認会計士・税理士の安田です。

4月も近づいてきて、決算の準備をしないといけない時期になってきました。

上場企業グループの関与先が4社ありまして、それぞれで決算スケジュールは異なるのですが、多少重複する部分もあるので調整しないといけません。

上場企業の決算は遅くとも45日以内に開示することとなっており、30日以内が望ましいとされています。

最近では30日以内に開示する会社が多く、各社で決算スケジュールがかぶるので、監査法人は日程調整に困っていますが、決算や申告を支援する側も困ります。

ここ最近はありがたいことに既存のお客様から紹介していただくことが多く、業務量は少しずつ増えてきています。

一人でできることには限界があるなぁと最近よく思うようになってきました。

チームで動くためには何をすべきか?という観点で本を読むことも増えています。

4月までの繁忙期を終えたら、先輩会計士・税理士に話を聞きたいなと思います。

最新記事

すべて表示

年収1,000万円の手取は20年で80万円も減っていたらしい

おはようございます、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 今年から給与所得控除の減額が行なわれました。 大半の人は影響がありませんが、年収850万円以上の方は増税となります。 皆が憧れる年収1,000万円。ですが、手取りは720万円です。 月平均にすると60万円。 20年前は手取800万円だったようです。 社会保険料の値上げがすごい。。。 年収1,000万円を

12月は持続化給付金の最後のチャンス

こんにちは、神戸市中央区のfreee専門会計事務所の若手公認会計士・税理士の安田です。 12月は持続化給付金の最後のチャンスです。 2019年12月に比べて、売上が半減すれば200万円が支給されます。 ここ最近、PCR検査の陽性者数がどんどん増えていっているので、お店を開けていてもほとんどお客さんが来ないことも考えられます。 時短営業を要請されている中、あえて店を開けないという選択肢もありだと思い

報酬・料金.JPG

報酬・料金

​Fee/Price

アクセス
Access Map
​080-2395-2023
​Tel